外世界Xがやってくる
SF特撮映画セレクト24

外世界X ーOuter World Xーがやってくる!
海外のインディーズSF映画がシアターバッカスへ襲来
立ち向かう日本勢も精鋭ぞろいで、SF特撮映画セレクト24は真夏の一大決戦です!

    
    

Message

【新企画!世界からSFがやってくる!外世界Xスタート】

『量子の夏』で海外 Sci-Fi 映画祭に参加した際、 海外作品の多様性に大いに魅了され、同時に海外のフィルムメイカーの多くが日本での上映に興味を持っている事も知りました。
そんな折、 ハッピーモンスターズ&高円寺シアターバッカスによる上映イベント展開の中に、海外インディーズSF映画を紹介する「外世界X」シリーズとして海外枠を作っていただく運びとなりました。 外世界Xの今後の展開にどうぞご期待ください!

近藤勇一(『量子の夏』 監督)

     

Ticket

日時:2023年8月5日(土)・6日(日)
*1部・2部(一応)入れ替え制

<料金>
8月5日・6日 全日程参加 3,000円(税込)

8月5日(土)1部・2部通し券 2,000円(税込)
8月5日(土)1部のみ  1,200円(税込)
8月5日(土)2部のみ  1,200円(税込)

8月6日(日)1部・2部通し券 2,000円(税込)
8月6日(日)1部のみ  1,200円(税込)
8月6日(日)2部のみ  1,200円(税込)

お申込みはこちら
https://sf-ms24.peatix.com/

  
   

1st Day~真夏のホラー特集

8月5日(土)
【第1部】
12:45開場/13:00開始 15:00終了予定

<上映作品>

外世界Xスタート記念作品
「レイズ・オブ・ザ・サイボーグ」
 監督:ヤン・ハイデン・リー
(原題“Raze of the Cyborg”/2020年/25分/台湾/中国語*日本語字幕)

暴力がはびこる近未来のアジア、 誘拐された恋人を凶悪な犯罪グループから奪い返そうとする男。 彼に残された選択肢は自らをサイボーグにする事だった。
台湾の俊英ヤン・H・リーが製作・監督・脚本・主演そして VFXスーパーバイザーまで自身で手掛けた驚愕のSFアクション短編。

     
     

外世界X第2弾
「ムッティ」
 監督:ゼイビア・バイヤンス
(原題“Mutti”/2018年/8分/ドイツ/ドイツ語*日本語字幕)

挙式直前、最後に若い女たちと羽目を外そうとした男を待ち受けていたのは···

    
    

迎え撃つ日本作品!
「THE RED13 紅い十三人の女と俺と」
 監督 辻村健二(2023年/9分)

1話15秒の連続ドラマSNS配信され話題の同作が、完成を祝してスクリーンで一挙上映!

    
    

話題の最新作!
「死後写真」
 監督:溝井辰明(2023年/45分)
 出演:森山みつき・うつみ敦士・魔都・まーしー深山・美南宏樹 他

Sipontum Arthouse International Film Festival 2023受賞!
戦争により廃業寸前の写真館キムラに、一本の電話が掛かってきた。 それはなんと『死後写真』の撮影依頼であった。 社長、正人、富子の3人は依頼人の家に向かうと、中から一人の女性が出てきた。
彼女に案内された先には、男性の遺体が横たわっていたのだ。 彼女はその遺体の男性と一緒に写真を撮ってほしいらしい。
はたして写真館一行は無事、死後写真を撮ることができるのか…?

   
   

【第2部】
15:45開場/16:00開始 18:00終了予定

「さまよう霊魂」
 監督:平山友斗(2023年/5分)

不運な青年を襲った奇妙な現象とは…? 怪談になりそこねた、怪異にまつわる微妙な物語を描く短編ドラマシリーズ『現代怪奇談』

  
   

「はじめて」
 監督:水野博章(2022年/9分)

暴力的な先輩に強要された飲酒運転で人身事故を起こしてしまうハジメ。
ところが、殺してしまったはずの美少女には傷ひとつ無く…戦慄のロマンチックホラー。

    
    

「マウス・オブ・サッドネス」
 監督:内藤慈(2023年/19分)

新型コロナウイルスによって街ゆく人々のすべてがマスクをつけはじめた2020年以降の社会。
「女性の口を塞ぐ行為=ハンドギャグ」に性的な興奮を覚える主人公にとってそれは自らの欲望の世界を一変させたのだった……

    
    

「里見先生の生誕祭」
 監督:古川美幸 プロデュース:柏原寛司(2023年/30分)

文武両道に長けた元高校教師のもとに集まったかつての教え子たち。
和やかな雰囲気の中で誕生日兼還暦祝いが始まるが、やがて宴は血と破滅の匂いを濃くしていく…。
現代人の深層に共存する善と悪、闇と屈折を30分間の密室劇に押し込めた短編ホラー映画が完成!

    
    

2nd Day~猛暑のアクション特集

【第1部】
12:45開場/13:00開始 15:00終了予定

「There will be Germany」
 監督:飯塚貴士(2012年/9分)

迫りくる海外インディーズ映画に対抗すべく、今回の飯塚劇場は全編海外ロケ!
ドイツへの強い思いから脳内に自分だけのドイツを作り上げる事に思考した男。 俺のドイツは俺が守る!

    
    

「七転八起」
 監督:名倉健郎(5分/2019年)

遅刻指導に励む体育教師・井原は毎日校門にて遅刻者をとりしまっていた。
そんなある日、彼の前に強敵が現れる。

    
    

「0メートル」
 監督:げん(2022年/17分)

夢遊病だった男、ある女と出会ってから再び夢遊病に。 そして男の頭には色々な数字が浮かび上がり、右手が勝手に動く。
数字の意味とは・・・。 なぜ右手が動くのか。 時空を超えたファンタジー。

     
     

「INVOID」
 監督:黒沢秋(2023年/40分予定)

そう遠くない数年後の日本。
ありとあらゆる電子機器には「sOS2.0」が導入され、街の交通や監視カメラなどあらゆるインフラが管理されていた。
レオは、フリーの運送業を請け負い暮らす。
ある日、フィクサーであるビアンカという人物によって、「世界をひっくり返す何か」に関与する事になる。

   
    

【第2部】
15:45開場/16:00開始 18:00終了予定

「ハイエナ達の夜」
 監督:岡田広(2017年/20分)

夜の街…裏社会に通じているBARの女主人が何者かに襲われる。
同じ頃、優秀な刑事である内海達は、仲間を殺して覚醒剤を持ち逃げしたヤクザ小池を追っていた。
追いつめられた小池は地下道で少女を人質に取るのだが…。

    
    

「おっぱいロケットガール」
 監督:稲葉司(2023年/18分)

主演 紺野みいな。暗殺用バイオロイドとして誕生した通称・オウハ。彼女は胸に二つのロケットを装備している。
しかし、オウハはそのロケットを発射すると機能停止してしまう性質を持っていた。
そんな彼女は今日もまた、新たな獲物を求めて街へと繰り出していく。

    
    

外世界Xスタート記念作品 2日間連続上映!
「レイズ・ザ・サイボーグ」
 監督:ヤン・ハイデン・リー
(原題“Raze of the Cyborg”/2020年/25分/台湾/中国語*日本語字幕)

暴力がはびこる近未来のアジア、 誘拐された恋人を凶悪な犯罪グループから奪い返そうとする男。 彼に残された選択肢は自らをサイボーグにする事だった。
台湾の俊英ヤン・H・リーが製作・監督・脚本・主演そして VFXスーパーバイザーまで自身で手掛けた驚愕のSFアクション短編。

    
    

登壇予定

「レイズ・ザ・サイボーグ」
ヤン・ハイデン・リー(監督)

 
近藤勇一(「外世界X」プロデュース) 若松宏樹(通訳) ※8月5日・6日

「死後写真」
溝井辰明(監督) 森山みつき(主演) ※8月5日

「0メートル」
佐々木旅人 橋本知佳(出演) ※8月6日

その他、順次お知らせいたします!

<進行>
MC 真柳美苗
ナビゲーター 職業怪人カメレオール

お申込みはこちら
https://sf-ms24.peatix.com/

Latest Posts

【米アカデミー賞の原点】活弁シネマライブ VOL.3『つばさ』

大好評「活弁シネマライブ」、米アカデミー賞の季節・3月は、第1回アカデミー賞の二冠に輝く名作『つばさ』をお届けします!原作者・監督・撮影監督をはじめ、第一次大戦を生き残ったパイロットたちが製作に参加。実写の大迫力で、連綿と続く「飛行機映画」「空中戦映画」の手本となった作品です。この作品の公開直前、C・リンドバーグによるニューヨーク・パリ間の大西洋単独無着陸飛行が成功し、世界的に航空機熱が高まる中で大ヒットを記録。栄誉ある第1回アカデミー賞の「作品賞」「技術効果賞」を受賞しています。      

映画監督PETER CLAY主催 CLAY’S FILM FESTIVAL 2024 @シアターバッカス

     ▼CFF2024公式サイト▼https://peterclayfilm.wixsite.com/claysfilmfestival

特集:ふし文人「東京シジミ日記202$」(一日限定)

●3/16(土)入場開始:15:05上映スタート:15:20料金:1,500円*舞台挨拶あり ご予約はこちらからhttps://forms.gle/AjSHj4PhMSXoXW3S8

【ロン・チェイニー第2弾】 活弁シネマライブ VOL.2 『ノートルダムのせむし男』

    大好評「活弁サロン」が「活弁シネマライブ」としてリニューアル!1月・2月は「不朽の名作×怪奇俳優ロン・チェイニー」と題して、現代ホラーの源流とも言うべき作品を2ヶ月連続でお届けします。卓越した演技力と特別なメイク技術により、「千の顔を持つ男」と言われたロン・チェイニー。サイレント期からトーキー初期にかけ、恐怖映画のスターとして文字通り一世を風靡しました。『オペラの怪人』『ノートルダムのせむし男』は、その後も繰り返し映画化、舞台化されていますが、彼の演じたオペラ座の怪人エリックと、ノートルダムの鐘つき男カジモドは、「映画史上最もグロテスクで、醜い登場人物」と言われ、後のホラー映画に多大な影響を与えています。

特集上映「高橋栄一ノ世界」@シアターバッカス

「ホゾを咬む」が、3ヶ月連続ロングラン中の高橋栄一監督。高橋栄一ワールドの「これまで」と「これから」を展望する特集上映の開催が決定!テーマごとの短編プログラム、蔵出し作品、そして「カラー版 ホゾを咬む」と、ヴァラエティに富んだラインナップをお楽しみください