SHU KAGEYAMA PRESENTS 福島拓哉監督作品『C』特別上映

デビュー20周年を迎えた福島拓哉監督の最新長編ドキュメンタリー『C』を一夜限りの特別上映!先着順で(オンライン)予約された方のみ鑑賞可能な、貴重な上映となります。上映後にはここでしか聞けないトークイベントも開催! 2021年12月17日(金)①開場16:45 開演17:00 終演19:00②開場19:15 開演19:30 終演21:30 (『C』上映100分+トークショー20分)トーク:福島拓哉 (映画監督) 司会:かげやましゅう (映画監督) 入場料:1,500円ご予約はこちらから↓https://c-fukushima-bacchus.peatix.com/ ○作品データタイトル:『C』監督・撮影・出演:福島拓哉音楽:関口純制作:P-kraft100分/16:9/4K(2Kダウンコンバート上映)/2021 ○作品概要 ”1日1分1カット×100”2001年『PRISM』でデビュー以来、「日本には似ている監督がいない」と評され、独自の表現を続けてきた映画監督・福島拓哉が、20周年を機に、自らにカメラを向けたセルフドキュメンタリー。家族や友人との何気ない会話や自問自答する監督の姿が、まるで美術館で見るインスタレーションのように連なることで、画面には映らない新型コロナウイルスの存在を表出する。ローマ数字で100を意味するアルファベット・Cをタイトルに据え、2021年3月から6月の100日間に渡り、コロナ禍の日常をただひたすらに撮り続けた、今しかできない日記映画。

第12回オイド短編映画祭 選考&先行上映会 part4

12/5(日) 13:00〜 「Vtuber渚」GAZEBO(29分39秒) プロデューサー・志岐誠 マツオヒロタダ 監督・脚本 GAZEBO撮影・蔦井孝洋照明・石田健司美術・水谷陽一録音・川村大介 鈴木優作助監督・柴田徹也ヘアメイク・古澤萌子編集・木下隼ミキサー・川村大介音楽・橋本晋也 小谷和秀カラリスト・長谷川将広音響効果・深井翠子 出演:佐藤睦野澤剣人藤崎卓也池田愛 控えめで人見知りな性格なのに、みんなに愛されたい気持ちは人一倍ある女の子あきこ。アイドルを目指すが人気が出ず挫折。承認欲求のはけ口を探して勇気を出して応募したのは、バーチャルユーチューバーの中の人の仕事だった。   

第12回オイド短編映画祭 選考&先行上映会 part3

12/4(土) 10:00〜 「ten」板橋基之(13分11秒) 監督:板橋基之撮影:鹿島秀憲音楽:渡邊崇サウンドデザイン:飯嶋慶太郎アートディレクター:村上健 出演:木村知貴鹿島真理子河本義生 東日本大震災から10年。10年ぶりに海から這い上がってきた男。荒廃した町中を男は自宅に帰ろうとひたすら歩く。COVID-19が蔓延する世界と放射能に汚染された世界と。その境界線の物語。  

特撮感謝の日!特撮三昧の日! 「爆映展・バーストムービーギグ2021〜All About TAC MIYAMOTO〜」

1980年代、8mm時代から特撮一筋の巨人・宮本拓監督、その特集上映を開催します!代表作「ヴィジュアル・バンディッツ」三部作と、原点である「目覚めよと呼ぶ声あり」を上映。各作品のメイキング、ゲストによる作品分析、監督自身による特撮セミナーと特撮三昧の一日になりますよ。 主催:HAPPY MONSTERS/クリエイターズ・ラボ・バッカス ◆日時 2021年11月23日(祝・火) 12:45開場/13:00開始  19:30終了予定 Message from TAC MIYAMOTO

提携先

〒166-0002
東京都杉並区高円寺北2-21-6 レインボービル3F