One week Roadshow
『僕らはみーんな生きている』

   

プログラム

2月13日(火)〜2月19日(月)
連日18:30〜

入場料:
予約 1,500円
当日 1,800円

ご予約はこちらから
https://forms.gle/cfpUCf5yigpHuqp17

映画『僕らはみーんな生きている』公式サイト
https://films.yucca.co.jp/bokumina/

(C)2024 yucca Inc.

    

ストーリー

   

あなたは、何を信じますか?
無気力に日々を過ごす者、己の欲望に生きる者。
それぞれの『正しさ』が交わり、乱れ、崩れていく。

人との交流が苦手な主人公・宮田駿は、環境を変えるべく上京し下町商店街の弁当屋にてアルバイトを始める。小説家になる夢を叶える為にアタックをかけていた出版社からの結果は芳しくない一方で、気さくで美人な弁当屋の女店主・児玉ゆり子や、バイト仲間の小坂由香、その友人たちに囲まれ、東京での新生活は順調なスタートを切ったように見えた。

しかし、そんな状況も長くは続かない。
ある日、駿は由香と共にゆり子の秘密を知ってしまう。それは、商店街全体を巻き込んだ残忍な計画であった。
行動を起こすことのできない自分達に悶々としつつも、秘密を共有する二人の距離は次第に縮まっていく。その傍で着々と進められていく商店街会長・佐伯とゆり子の計画。

若者二人は、何を感じ、何を見ていたのだろうか。一見平凡な寂れた商店街の中に潜む大人たちの闇と、現代の若者との対比を、皮肉にも冷酷に描いた作品。

   

ギャラリー

 

Latest Posts

【米アカデミー賞の原点】活弁シネマライブ VOL.3『つばさ』

大好評「活弁シネマライブ」、米アカデミー賞の季節・3月は、第1回アカデミー賞の二冠に輝く名作『つばさ』をお届けします!原作者・監督・撮影監督をはじめ、第一次大戦を生き残ったパイロットたちが製作に参加。実写の大迫力で、連綿と続く「飛行機映画」「空中戦映画」の手本となった作品です。この作品の公開直前、C・リンドバーグによるニューヨーク・パリ間の大西洋単独無着陸飛行が成功し、世界的に航空機熱が高まる中で大ヒットを記録。栄誉ある第1回アカデミー賞の「作品賞」「技術効果賞」を受賞しています。      

映画監督PETER CLAY主催 CLAY’S FILM FESTIVAL 2024 @シアターバッカス

     ▼CFF2024公式サイト▼https://peterclayfilm.wixsite.com/claysfilmfestival

特集:ふし文人「東京シジミ日記202$」(一日限定)

●3/16(土)入場開始:15:05上映スタート:15:20料金:1,500円*舞台挨拶あり ご予約はこちらからhttps://forms.gle/AjSHj4PhMSXoXW3S8

【ロン・チェイニー第2弾】 活弁シネマライブ VOL.2 『ノートルダムのせむし男』

    大好評「活弁サロン」が「活弁シネマライブ」としてリニューアル!1月・2月は「不朽の名作×怪奇俳優ロン・チェイニー」と題して、現代ホラーの源流とも言うべき作品を2ヶ月連続でお届けします。卓越した演技力と特別なメイク技術により、「千の顔を持つ男」と言われたロン・チェイニー。サイレント期からトーキー初期にかけ、恐怖映画のスターとして文字通り一世を風靡しました。『オペラの怪人』『ノートルダムのせむし男』は、その後も繰り返し映画化、舞台化されていますが、彼の演じたオペラ座の怪人エリックと、ノートルダムの鐘つき男カジモドは、「映画史上最もグロテスクで、醜い登場人物」と言われ、後のホラー映画に多大な影響を与えています。

特集上映「高橋栄一ノ世界」@シアターバッカス

「ホゾを咬む」が、3ヶ月連続ロングラン中の高橋栄一監督。高橋栄一ワールドの「これまで」と「これから」を展望する特集上映の開催が決定!テーマごとの短編プログラム、蔵出し作品、そして「カラー版 ホゾを咬む」と、ヴァラエティに富んだラインナップをお楽しみください