3周年記念!SF特撮映画セレクト29

2021年2月11日にSF短編映画セレクトからスタートしたハピモン×シアターバッカスの上映会も3周年を迎えました!
3年間で約300本の作品を上映してまいりましたが、これもひとえに作品をご提供いただいた制作者の皆様、イベントを支えてくださったバッカス、MCチーム、運営の皆様、そして何よりこのイベントに足をお運びいただく皆様のおかげです。
誠にありがとうございます!
今回は第1部で3周年記念特別招待作品、外世界Xの新作、期待の若手クリエイターの作品をラインナップ。
第2部は3年間で上映した約300作品からセレクトした作品をアンコール上映。
さらに第0部としてハピモンの原点になる作品を特別無料上映(作品は後日発表)
そして4年目へ、さらにその向こうへ、ハピモン×シアターバッカスは走り続けます!

   

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時:2024年2月12日(月・祝)
会場:高円寺シアターバッカス
ご予約:
https://sfms29.peatix.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆チケット料金・お申込み
第1部・第2部 各1,200円(税込)
1日通し券 2,500円(税込)

◆3周年記念特別無料上映作品
第1部・第2部ご予約の方は優先でご招待します。
お申込み時に無料上映がセットになったものをお選びください。

*無料上映のみのご予約は2月1日より受付予定です。

第0部 3周年記念特別無料上映
12:15開場 12:30-13:00予定

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018
Cinematic Tokyo部門優秀賞/東京都知事賞受賞
『東京彗星』(2017年/30分)

監督:洞内広樹
出演:大西利空 篠田諒 榎本”CHAMP”光永 他

2021年、日本。「1年後東京に彗星が衝突する」と発表される。
親のいない少年ショウと20歳の兄ソラ。 ショウは岩手へ疎開するが兄ソラは東京に残る。
彗星衝突まであと1週間。ショウは兄を救いに東京へ向かう。
ハピモンの出発点とも言えるSFディザスター短編。

     

     

※ご予約の注意
第1部・第2部ご予約の方は優先でご招待します。
お申込み時に無料上映がセットになったものをお選びください。
無料上映のみのご予約は2月1日より受付予定です。

    

第1部 SF特撮映画セレクト29
13:15開場 13:30-15:45予定

<上映作品>(上映順不同)

『遊星よりはらわたをこめて』(2023年/25分)

監督・脚本:ナカモトユウ
助監督:寒川亘揮/青山怜音
撮影:江森聖弥
録音:細井実菜子
照明:寒河江綾根
美術監督:畝本冬花
衣裳:田崎梨沙
小道具:狩俣迪香
出演:白畑 伸/齊藤友暁/鈴木雄登/小矢菜奈美/氏家康成/梶塚 廉/甲斐まり恵/大迫茂生

3周年記念特別招待作品!
近未来。宇宙を航行し、各地のゴミを回収して回る末端労働者の男3人がゴミの中から見つけたのは、軍の所有物らしき大きなカプセル。
これは貴重で高価なものだと踏んだ彼らは、一攫千金を夢見てカプセルを開けてしまう!
その瞬間、カプセルから謎の宇宙生物が飛び出し彼らに襲いかかった!
彼らは無事に地球へ生きて帰って来られるのか?! 地球の命運を掛けた戦いが今始まる!

予告編:https://youtu.be/cH0rNbDrmjI

   
   

『宇宙探査機パッセンジャー』(2019年/17分)

監督:ドミニカ・オジャロフスカ

外世界Xシリーズはポーランド女性監督のドキュメンタリータッチの異色SF
宇宙でトラブルに見舞われ忘れられた探査機。そのAIが孤独の中で詩を作るようになった?
探査機からのメッセージをめぐって人間たちの討議が始まる。

予告編:https://youtu.be/LZA824oXMmc


      

『TEENAGER~復讐者~』(2022年/25分)

監督・脚本・編集・アクション監督・主演:林隼太朗

JAG第1回新人アクション監督発掘プロジェクトグランプリ受賞!
制作当時、17歳の林監督を中心に出演者・スタッフが
15歳から19歳という10代のメンバーのみで制作。
アクションシーンも粗削りながらもスピード感があり、
未来のアクション業界を担っていく若い熱意と無限の可能性を感じる作品。

    
      

『ドッペルゲンガーの飼い方』 (2023年/25分)

監督:平山友斗

登録者が1万7千人を突破した平山監督のYouTubeチャンネル「#怪奇な手ざわり」から
新作怪奇短編が登場!
夏の終わり頃、亜希は幼馴染である裕美のドッペルゲンガーと遭遇する。
「自分のドッペルゲンガーを見た者は死んでしまう」という都市伝説を知った亜希は、
裕美とドッペルゲンガーが鉢合わせることのないよう、大胆な方法を思いつくのだが…。

    
    

第2部 3周年を振り返るアンコール作品特集
16:00開場 16:15-17:50予定

<上映作品>(上映順不同)

『DINO!』(2020年/24分)

監督・アニメーション:細川晋
音楽:柳浦遊
演奏:Capellen Orchestra(チェコ共和国)

ハピモンアワード2022年下期大賞受賞(同時受賞)
ワニのディノと少年は、失われた王冠の在処を示す地図を見つける。
そこに、同じく王冠を探しているバクが近づいてきていた。
制作期間13年!超絶映像のストップモーション人形アニメ。

予告編:https://youtu.be/Fd-ki7assiw

     
    

『エニグマ〜黒子はあったか』(2020年/5分)

監督:近藤啓二

ハピモンアワード2022年下期大賞受賞(同時受賞)
深夜の事情聴取は何かがおかしかった。
『昭和極道怪異聞ジンガイラ/仁我狗螺』の近藤監督がお届けする5分間の恐怖体験。

    
     

『無明長夜の首なしの怪獣』(2018年/30分)

監督:井上森人
出演:佐田淳/櫻井保幸/阿部達也/板倉光隆/カメレオール 他

第11回全国自主怪獣映画選手権グランプリ!
首の無い怪獣が、自らのそれを引きずり夜を彷徨う。怪獣はなぜ蘇ったのか。
全てが明らかになった時、運命は狂っていた。
新作「#温泉シャーク」公開が待たれる井上監督の怪獣特撮×本格推理短編

予告編:https://youtu.be/6rNcqREqAmA

    
  

『もしもし星』(2008年/7分)

監督:近藤勇一
出演:竹内美宥

「もしもし、私は誰ですか?」
「もしもし、私が始まる前に、私はどこにいたのですか?」
忽然と廃墟にたたずむ少女。返事の来ない糸電話をたどり、自分を探しに出かけてゆく。
好夏シリーズ珠玉のSFファンタジー。

     
   

『帰ラないマン』(2017年/4分)

監督:岩崎友彦
出演:上田慎一郎/職業怪人カメレオール/宮本なつ/谷洋幸
   ほりかわひろき/松崎まこと/松岡峻/松井理子

あの帰らないやつが帰ってきた!
街に怪獣が現れ暴れ回る。地球防衛軍の秘密兵器も通用せず絶体絶命。
そこに頼れるヒーロー・帰ラないマンが現れた。無事に怪獣を倒してみせた帰ラないマン。
しかし怪獣退治が終わっても、帰ラないマンはちっとも帰る素振りを見せず…

   
    

『飯塚貴士劇場 ハピモン【ズンドコ】セレクト3』(約10分)

監督:飯塚貴士

みんな大好き飯塚貴士監督の作品からハピモンが選んだ3作品を上映!
上映作品は当日のお楽しみ!

インフォメーション 

<MC・ナビゲーター>
真柳美苗/職業怪人カメレオール

<登壇予定>
近藤勇一(外世界X・もしもし星)他

◆イベントについて
・各回、途中休憩時間を設けております。
・登壇者、入場者特典などについては順次、X(旧Twitter)、本サイトで告知いたします。
・当日券はご予約で満席にならない限り販売予定です。

 

Latest Posts

【米アカデミー賞の原点】活弁シネマライブ VOL.3『つばさ』

大好評「活弁シネマライブ」、米アカデミー賞の季節・3月は、第1回アカデミー賞の二冠に輝く名作『つばさ』をお届けします!原作者・監督・撮影監督をはじめ、第一次大戦を生き残ったパイロットたちが製作に参加。実写の大迫力で、連綿と続く「飛行機映画」「空中戦映画」の手本となった作品です。この作品の公開直前、C・リンドバーグによるニューヨーク・パリ間の大西洋単独無着陸飛行が成功し、世界的に航空機熱が高まる中で大ヒットを記録。栄誉ある第1回アカデミー賞の「作品賞」「技術効果賞」を受賞しています。      

映画監督PETER CLAY主催 CLAY’S FILM FESTIVAL 2024 @シアターバッカス

     ▼CFF2024公式サイト▼https://peterclayfilm.wixsite.com/claysfilmfestival

特集:ふし文人「東京シジミ日記202$」(一日限定)

●3/16(土)入場開始:15:05上映スタート:15:20料金:1,500円*舞台挨拶あり ご予約はこちらからhttps://forms.gle/AjSHj4PhMSXoXW3S8

【ロン・チェイニー第2弾】 活弁シネマライブ VOL.2 『ノートルダムのせむし男』

    大好評「活弁サロン」が「活弁シネマライブ」としてリニューアル!1月・2月は「不朽の名作×怪奇俳優ロン・チェイニー」と題して、現代ホラーの源流とも言うべき作品を2ヶ月連続でお届けします。卓越した演技力と特別なメイク技術により、「千の顔を持つ男」と言われたロン・チェイニー。サイレント期からトーキー初期にかけ、恐怖映画のスターとして文字通り一世を風靡しました。『オペラの怪人』『ノートルダムのせむし男』は、その後も繰り返し映画化、舞台化されていますが、彼の演じたオペラ座の怪人エリックと、ノートルダムの鐘つき男カジモドは、「映画史上最もグロテスクで、醜い登場人物」と言われ、後のホラー映画に多大な影響を与えています。

特集上映「高橋栄一ノ世界」@シアターバッカス

「ホゾを咬む」が、3ヶ月連続ロングラン中の高橋栄一監督。高橋栄一ワールドの「これまで」と「これから」を展望する特集上映の開催が決定!テーマごとの短編プログラム、蔵出し作品、そして「カラー版 ホゾを咬む」と、ヴァラエティに富んだラインナップをお楽しみください