もっと うまく ふまじめに生きる
映画『ふまじめ通信』
@シアターバッカス

   

現代社会に苦しむすべての人へ…
もっと、うまく、ふまじめに生きる。
まつむらしんご監督が、真面目に疲れたあなたに贈る。
こころがちょっと軽くなるふまじめな物語。

  

2024.1.22(月)〜1.28(日)
連日 16:00〜

入場料:
予約 1,500円
当日 1,800円

ご予約はこちらから
https://forms.gle/VGTtcoErVxUQZxyC6

   

STORY

都会で教師をしていたクニちゃんこと小山田久仁子(28)は、まじめに考えすぎてしまう性格からストレスで心身を病み辞職していた。
そんなとき、友人であるヤッちゃんの亡き叔父が所有する空き家を管理するため“Iターン”することに。
そこでクニちゃんは、お医者さんから言われた「もっと、うまく、ふまじめに生きなさい」という意味深な格言を思い出し、自身のまじめすぎる性格とは真逆の、『ふまじめ通信』という音声番組をなんとなくはじめてみることに・・・そんな番組から流れてくるのは、クニちゃんが出会ったちょっぴりマヌケでもの哀しい『ふまじめ』な人々のエピソード。
いつも呑気に見えてる人でも、心の片隅に小さな物語がしまわれている・・・。

    

映画「ふまじめ通信」公式サイト
https://fumajime.jp/

キャスト

宇乃うめの 植田紗々 7A 西本まりん 三宅朱莉 濱正悟 渡部直也 本谷紗己 そわんわん 中丸新将 みやなおこ 枝元萌 加藤弘晃 小谷慈 七草きよえ 

    

上映中、館内で販売いたします。

    

スタッフ

監督・脚本:まつむらしんご 
ヴィジュアルディレクター:柴崎まどか 
音楽:かなふぁん 
主題歌:kiss the gambler「ふまじめ」
照明:ユイカミレイ 
録音:庄野廉太朗 
制作進行:加藤弘晃
イラスト:佐藤穂波
タイトル原案:つちや温泉プール
企画プロデューサー:谷内田彰久
製作プロデューサー:前田和紀
後援:和歌山県・和歌山県教育委員会・和歌山市・和歌山市教育委員会
協力:IBW美容専門学校 いなさ オジバ商店 加太観光協会 加太中学校 観音山フルーツガーデン 小嶋一商店 四季の味ちひろ 新町温泉 相互タクシー 南海フェリー 旅籠屋菊水 松田美容室
和歌山麦酒醸造所三代目 アロチ珉明 餃子の安芸津 
2023年/日本/カラー/88分/16:9
製作:パラレルアイズ 制作:CINEC  配給:シネメディア
©ふまじめ通信

 

監督コメント

銭湯のシーンでフルーツ牛乳が登場します。私は撮影地の関西で、フルーツ牛乳を入手するのが困難だということを知りませんでした。プロデューサーは原付で往復2時間かけてフルーツ牛乳を手に入れてくれました。その誇らしげな顔を前にして私は言えませんでした。「コーヒー牛乳でも、別に良かったです」
ふまじめを描くための映画なのに、結局我々はいつも通り細部までまじめに作りました。いや、作ることしかできませんでした。
ふまじめであろうとすることは、まじめであることよりよっぽど難しいのだ。と学びました。この映画を観た人が少しでも楽な気持ちになってくれたら本望です。

プロフィール

第 31 回ぴあフィルムフェスティバルに入選後、早稲田大学大学院に進学。 2013年「ロマンス・ロード」2013年SKIPシティ国際Dシネマ映画祭長編コンペティション部門SKIPシティアワードを受賞。第18回釡山国際映画祭アジアの窓部門に正式出品。2017年「恋とさよならとハワイ」大阪アジアン映画祭JAPAN CUTS Award受賞。上海国際映画祭 アジア新人賞部門【脚本賞 ・撮影賞】受賞。台北金馬映画NETPAC 賞にノミネートされた他、台湾では3都市で劇場公開される。
HKT48 1stアルバム特典「HKT48×48人の映画監督」山本茉央主演『夏の夢の恋人』 MV YeYe「ゆらゆら」藤田麻衣子「恋ってどうやってするものだっけ?」
吉田美月喜・常盤貴子主演の映画『あつい胸さわぎ』は第35回東京国際映画祭(2022)NipponCinemaNow部門に出品され、若年性乳がんをテーマにした内容が話題を呼んだ。

Latest Posts

【米アカデミー賞の原点】活弁シネマライブ VOL.3『つばさ』

大好評「活弁シネマライブ」、米アカデミー賞の季節・3月は、第1回アカデミー賞の二冠に輝く名作『つばさ』をお届けします!原作者・監督・撮影監督をはじめ、第一次大戦を生き残ったパイロットたちが製作に参加。実写の大迫力で、連綿と続く「飛行機映画」「空中戦映画」の手本となった作品です。この作品の公開直前、C・リンドバーグによるニューヨーク・パリ間の大西洋単独無着陸飛行が成功し、世界的に航空機熱が高まる中で大ヒットを記録。栄誉ある第1回アカデミー賞の「作品賞」「技術効果賞」を受賞しています。      

映画監督PETER CLAY主催 CLAY’S FILM FESTIVAL 2024 @シアターバッカス

     ▼CFF2024公式サイト▼https://peterclayfilm.wixsite.com/claysfilmfestival

特集:ふし文人「東京シジミ日記202$」(一日限定)

●3/16(土)入場開始:15:05上映スタート:15:20料金:1,500円*舞台挨拶あり ご予約はこちらからhttps://forms.gle/AjSHj4PhMSXoXW3S8

【ロン・チェイニー第2弾】 活弁シネマライブ VOL.2 『ノートルダムのせむし男』

    大好評「活弁サロン」が「活弁シネマライブ」としてリニューアル!1月・2月は「不朽の名作×怪奇俳優ロン・チェイニー」と題して、現代ホラーの源流とも言うべき作品を2ヶ月連続でお届けします。卓越した演技力と特別なメイク技術により、「千の顔を持つ男」と言われたロン・チェイニー。サイレント期からトーキー初期にかけ、恐怖映画のスターとして文字通り一世を風靡しました。『オペラの怪人』『ノートルダムのせむし男』は、その後も繰り返し映画化、舞台化されていますが、彼の演じたオペラ座の怪人エリックと、ノートルダムの鐘つき男カジモドは、「映画史上最もグロテスクで、醜い登場人物」と言われ、後のホラー映画に多大な影響を与えています。

特集上映「高橋栄一ノ世界」@シアターバッカス

「ホゾを咬む」が、3ヶ月連続ロングラン中の高橋栄一監督。高橋栄一ワールドの「これまで」と「これから」を展望する特集上映の開催が決定!テーマごとの短編プログラム、蔵出し作品、そして「カラー版 ホゾを咬む」と、ヴァラエティに富んだラインナップをお楽しみください