バッカス活弁サロンVol.18
セシル・B・デミル監督作品
『十誡』(1923年版)

    

プログラム

    

バッカス活弁サロンVol.18
豪華スペクタクルの巨匠セシル・B・デミルの代表作

『十誡』 The Ten Commandments

12/16(土)13:00〜/17:00〜
12/17(日)13:00〜/17:00〜

活動写真弁士:佐々木亜希子
楽士:永田雅代

解説:白井佳夫
*毎回、解説動画を上映
*12/17 17:00〜 上映終了後、アフタートークを開催(予定)

    

チケット予約

    

入場料金:
 25才以下・障害者手帳お持ちの方:2,000円
 一般:3,000円

ご予約は
予約フォーム
https://forms.gle/vus97dyXbyQ8HZri6

シアターバッカス
03-5364-9785

    

レクチャートーク

白井 佳夫(しらい よしお)映画評論家

1958年早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。キネマ旬報社に入社して編集者として10年在籍、1968-76年『キネマ旬報』編集長を8年半つとめる。
1976年から3年間、東京12チャンネルで「日本映画名作劇場」の解説を担当。
1987年から、映画「無法松の一生」(1943年)の戦前、戦後の二重検閲場面を復元し、各地で公開・講演するパフォーマンスを実施。
2002年から3年間、東京芸術大学で特別講義「日本の古典映画」を行う。
2004年文化庁映画賞受賞

毎回上映前に、白井 佳夫さんによるレクチャートークを上映いたします。
白井さんの解説で、作品への理解がグッと深まり、楽しさ倍増!
また、12月17日(金)17:00〜回 上映終了後に白井佳夫さん&佐々木亜希子のライブトークを予定!どうぞお楽しみに。

作品紹介

   

『十誡』 The Ten Commandments

1923年 米パラマウント作品 134分
監督:セシル・B・デミル

出演:セオドア・ロバーツ、シャルル・ド・ローシュ、エステル・テイラー、ニタ・ナルディ、ロッド・ラ・ロック、リートリス・ジョイ、リチャード・ディックス

旧約聖書・出エジプト記による、モーゼが神より与えられた10の戒律「十戒」の物語。
監督のセシル・B・デミルは、それまでのフィルモグラフィから一転して、神と神の子の物語を真摯に描いてみせた。

映画は2部構成になっており、第一部は、モーゼがイスラエルの民を連れてエジプトを脱出、シナイ山で十戒を受けるという物語を、第二部の現代篇では、この物語を母親が二人息子に読んで聞かせたという形で始まり、二人の息子のその後が描かれる。
セシル・B・デミルは、1956年にチャールストン・ヘストンをモーゼ役に配して、更なる巨額の予算を投入、セルフリメイクをしている。

    

ギャラリー

   

Latest Posts

【米アカデミー賞の原点】活弁シネマライブ VOL.3『つばさ』

大好評「活弁シネマライブ」、米アカデミー賞の季節・3月は、第1回アカデミー賞の二冠に輝く名作『つばさ』をお届けします!原作者・監督・撮影監督をはじめ、第一次大戦を生き残ったパイロットたちが製作に参加。実写の大迫力で、連綿と続く「飛行機映画」「空中戦映画」の手本となった作品です。この作品の公開直前、C・リンドバーグによるニューヨーク・パリ間の大西洋単独無着陸飛行が成功し、世界的に航空機熱が高まる中で大ヒットを記録。栄誉ある第1回アカデミー賞の「作品賞」「技術効果賞」を受賞しています。      

映画監督PETER CLAY主催 CLAY’S FILM FESTIVAL 2024 @シアターバッカス

     ▼CFF2024公式サイト▼https://peterclayfilm.wixsite.com/claysfilmfestival

特集:ふし文人「東京シジミ日記202$」(一日限定)

●3/16(土)入場開始:15:05上映スタート:15:20料金:1,500円*舞台挨拶あり ご予約はこちらからhttps://forms.gle/AjSHj4PhMSXoXW3S8

【ロン・チェイニー第2弾】 活弁シネマライブ VOL.2 『ノートルダムのせむし男』

    大好評「活弁サロン」が「活弁シネマライブ」としてリニューアル!1月・2月は「不朽の名作×怪奇俳優ロン・チェイニー」と題して、現代ホラーの源流とも言うべき作品を2ヶ月連続でお届けします。卓越した演技力と特別なメイク技術により、「千の顔を持つ男」と言われたロン・チェイニー。サイレント期からトーキー初期にかけ、恐怖映画のスターとして文字通り一世を風靡しました。『オペラの怪人』『ノートルダムのせむし男』は、その後も繰り返し映画化、舞台化されていますが、彼の演じたオペラ座の怪人エリックと、ノートルダムの鐘つき男カジモドは、「映画史上最もグロテスクで、醜い登場人物」と言われ、後のホラー映画に多大な影響を与えています。

特集上映「高橋栄一ノ世界」@シアターバッカス

「ホゾを咬む」が、3ヶ月連続ロングラン中の高橋栄一監督。高橋栄一ワールドの「これまで」と「これから」を展望する特集上映の開催が決定!テーマごとの短編プログラム、蔵出し作品、そして「カラー版 ホゾを咬む」と、ヴァラエティに富んだラインナップをお楽しみください