バッカス活弁サロンVol.15
生誕120年 没後60年
小津安二郎の世界

     

プログラム

バッカス活弁サロンVol.15
 『東京の合唱(コーラス)』
  

9/22(金)14:00〜/19:00〜
9/23(土)13:00〜/17:00〜

活動写真弁士:佐々木亜希子
楽士:永田雅代

     

チケット予約

入場料金:
 25才以下・障害者手帳お持ちの方:2,000円
 一般:3,000円

ご予約は
予約フォーム

https://forms.gle/GUCqBXMV9KihpSz46

シアターバッカス
03-5364-9785

     

レクチャートーク

白井 佳夫(しらい よしお)映画評論家

1958年早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。キネマ旬報社に入社して編集者として10年在籍、1968-76年『キネマ旬報』編集長を8年半つとめる。
1976年から3年間、東京12チャンネルで「日本映画名作劇場」の解説を担当。
1987年から、映画「無法松の一生」(1943年)の戦前、戦後の二重検閲場面を復元し、各地で公開・講演するパフォーマンスを実施。
2002年から3年間、東京芸術大学で特別講義「日本の古典映画」を行う。
2004年文化庁映画賞受賞

毎回上映前に、白井 佳夫さんによるレクチャートークを上映いたします。
白井さんの解説で、作品への理解がグッと深まり、楽しさ倍増!
また、9月22日(金)19:00〜回 上映終了後に白井佳夫さん&佐々木亜希子のライブトークを予定!どうぞお楽しみに。

     

作品紹介

『東京の合唱(コーラス)』
1931年(昭和6年) 松竹キネマ蒲田作品 91分

監督:小津安二郎
脚本:野田高梧
原案:北村小松
出演:岡田時彦/八雲恵美子/斎藤達雄/菅原秀雄/高峰秀子/飯田蝶子/坂本武

キネマ旬報ベスト・テン第3位。昭和初期の大不況時代、同僚の解雇に憤慨し社長に直談判した結果、会社をクビになった岡島伸二は、妻子を抱え途方にくれる。再就職がなかなか決まらない中、ばったり遭遇したのは学生時代の恩師…。人生の哀歓と人の情をコミカルに描いた小市民映画の傑作。 主演はサイレント映画時代のスター、笑いもとれる二枚目俳優・岡田時彦。妻役に人気美人女優・八雲恵美子。この年、子役デビューした高峰秀子も愛らしい。

    

映画監督・小津安二郎

小津 安二郎
おづ やすじろう(1903 – 1963)

黒澤明、溝口健二らと並び、1950年代に絶頂期を迎えた日本映画を代表する監督の一人。
今回上映する『東京の合唱(コーラス)』をはじめ、サイレント時代から第一線で活躍を続け、戦後発表した『晩春』(1949年)、『麦秋』(1951年)、『東京物語』(1953年)など、日本人と日本を繊細かつ丁寧に描写した作品群で、世界的な評価を獲得した。
「小津調」と呼ばれるスタイリッシュな映画のルックスは、小津自身の洒脱なパーソナリティと密接に結びつき、ヴィム・ヴェンダース、ジム・ジャームッシュ、侯孝賢、黒沢清など、今もなお世界中の映画人に影響を与え続けている。
『僕はトウフ屋だからトウフしか作らない』

Latest Posts

「憂い夏、錆びて」先行上映会@シアターバッカス

     嶋田萌花監督作品「憂い夏、錆びて」先行上映会

5th ANNIVERSARYみんなでシネチラ

シネマ・チラリズム5周年となりました。日頃よりご視聴いただいている皆様、本当にありがとうございます。元々劇場に何度も通ってくださる方々に何かお礼ができないかと始めた番組ですが、時が経つのは早く5年も続いていることに自分でも驚いています。そして、5周年記念上映という事で、シネチラ関連作品をドドっと上映します。レアな作品もありますので是非この機会にご覧ください。曽我真臣     

フリッツ・ラング監督『ニーベルンゲン』二部作二ヶ月連続活弁上演活弁シネマライブVOL.5&6

    巨匠フリッツ・ラング渾身の映画化「ニーベルンゲン」 二部作・連続活弁上演!

帰ってきた!朗読チャンプルー<いっきゅうひん>第9回朗読会 『喜怒哀ラブ』

■日時2024年5月18日(土)13:00〜/17:30〜5月19日(日)14:00〜 *ご予約はキャストに直接かご連絡いただくか、予約フォーム...