『LIFE WORK OF
AKIRA KUROSAWA
 黒澤明のライフワーク』
4月8日 one day

黒澤明監督、畢生の大作『乱』
幻の第三のメイキングが、38年の時を超えてここに完成した。
20代の若者が目の当たりにした、世界のKUROSAWAの実像!

『Life work of Akira Kurosawa 黒澤明のライフワーク』


没後25周年にあたる2023年、海外での反響が広がるなか、

4月8日 ONE DAY上映
   

NEWS

トークショー開催決定
15:00〜終了後、『八月の狂詩曲』照明部スタッフのトークショー開催!
同回の来場者全員に『乱』照明部秘話掲載の
業界誌「映像照明」をプレゼント!
     

Information

2023年4月8日(土)
13:00〜/15:00〜/17:30〜/20:00〜 *各回30名限定

入場料:一般 1,500円/大学・専門生以下 500円(学生証提示)

ご予約は
https://forms.gle/rgwtHHamxrCswAH98

Program

『Life work of Akira Kurosawa 黒澤明のライフワーク』(92分)

この作品は、1984年〜85年に撮影された『乱』のメイキング映像を、黒澤プロダクションとヘラルド・エースに撮影・編集・公開許可を得て、完成したものです。
当時記録された媒体はアナログ3/4inchVTR。再生環境が徐々に失われていく中、150時間にも及ぶマスターテープの一部を、監督が私財を投入してデジタル化し、本作品の完成につなげました。
河村光彦監督は当時20代、黒澤監督のすぐ側で、その仕事、その人となりを目の当たりにしながら、メイキング映像の撮影に取り組んでいきました。

オフィシャルの『メイキング オブ 乱』、クリス・マルケル監督の手になる『ドキュメント黒澤明 AK』と、すでに『乱』のメイキングは2本、世に存在しています。
そして黒澤監督没後25年を前に、当時20代の若者の視点による第三のメイキング『Life work of Akira Kurosawa 黒澤明のライフワーク』が完成を見ました。

黒澤明監督は、1998年に国民栄誉賞を受賞。しかし日本国内では、その人物像を知らず、誤解された印象で語られる現実もあります。
一方海外では現在も黒澤明監督の高評価は根強く、若い世代にもブームは起き続けています。

『乱』製作当時の熱い撮影現場を体験した当事者である、河村光彦監督の視点を通して、世界のKUROSAWAの晩年の実像を国内外に発信していきます。

 監督:河村光彦
 撮影:谷口裕幸
 映倫「次世代への映画推薦委員会」推薦作品

イギリス・ロンドン国際月例映画祭:特別名誉賞(2022)
ウクライナ・オニコフィルムアワード:ベストドキュメンタリー映画賞(2022)
イタリア・ニューヨークネオリアリズム映画賞:ベストドキュメンタリー映画賞(2022)
インド・ブルーズドルフィンズ毎月オンライン国際短編映画祭:最優秀監督賞(2022)
イギリス・スタンリーフィルムアワード:最優秀ドキュメンタリー短編映画賞(2022)
イタリア・ミラノゴールドアワード:ドキュメンタリー短編映画・特別賞(2022)
アメリカ・ニューヨーク映画祭:ドキュメンタリー短編映画・特別賞(2022)
ブラジル・T.I.F.A. – ティエテ国際映画賞:ドキュメンタリー短編映画・アンフマ銀賞(2022)
日本・東京ショーツ:最優秀ドキュメンタリー短編映画賞(2022)
インド・ブルーズドルフィンズ毎月オンライン国際短編映画祭本選:最優秀監督賞(2022)
*海外版・短縮版含む

提供:株式会社tokyowebtv  https://tokyowebtv.jp/

Latest Posts

真夏に負けないSF映画特集! SF特撮映画セレクト32

     ハッピーモンスターズとシアターバッカス主催の上映会は今回も力作ぞろい!実力派監督の3部作一挙上映、国内外の映画祭で話題の作品、実力派監督のSF作品、好評の海外SF短編『外世界X』など充実のラインナップでお送りいたします!

『The Stars My Destination/星を継ぐ者』古都の風雲児〜末長敬司監督特集

世界28ヶ国82タイトル受賞の『星を継ぐ者』を初め、世界中の映画祭を席巻し続ける、古都・京都の風雲児 末長敬司監督作品を大特集!1週間に渡る特集上映とともに、末長ワールドを深掘りすべく、連日トークセッションを開催。最終日には最新短編を初公開!(できるはず!) 

溝井辰明監督『死後写真』1DAYスペシャル

https://vimeo.com/979796222/d327d16a36?share=copy