「第13回オイド短編映画祭」開催!
作品募集中!

年2回の開催
あしたのために、オイド本来の姿に、敢えて今戻します。
基本的には前回第12回と同じレギュレーション。応募フォームの記入内容が少し変わる程度です。各賞の他、配信と組み合わせて「観客賞」を決定するシステムも継続されます。
Just do it!


【2022/2/20更新】

スケジュール

作品募集期間:2022年2月16日(水)〜3月31日(木)
選考上映会:2021年3月より開催(別途お知らせいたします)
入選作(12本予定)配信期間:5月中旬〜*2週間程度
入選作上映会&各賞授賞式:2022年5月3日(火)4日(水)5日(木)予定
   

募集要項(一部抜粋)

*高円寺シアターバッカスでの上映履歴がない作品であればエントリーできます。  
*監督、出品者のプロフィール(年齢、国籍、プロ、アマチュア等)は問いません。
*作品のジャンル(アニメ/ホラー/コメディ/ドラマ/ドキュメンタリー/PV等)に制限はありません。
*公序良俗に著しく反しないと出品者が断言できる作品を出品してください。
*作品中使用される言語に制限はありません。ただし、日本国内での上映を基本とするため、日本語以外の言語の場合は日本語字幕をつけた状態で応募してください。
*作品の制作年は問いません。
*作品の尺はエンドクレジット、その他を含め1分以上40分以内とします。
*同一名義での出品は2作品までとします。
*運営手数料(エントリー料)は1作品あたり1,500円とします。高円寺シアターバッカスを運営する任意団体クリエイターズ・ラボ・バッカスの口座にご入金ください。同一名義・2作品応募の場合は2,000円です。

エントリーは

「第13回オイド短編映画祭」エントリーフォーム
https://forms.gle/vkHoBxPXV4wHnU7R6
   

募集要項(全文)

2022年2月1日(火)
『第13回オイド短編映画祭』募集要項
オイド短編映画祭実行委員会

1、概要
1-1:『オイド短編映画祭』は、「オイド短編映画祭実行委員会」によって、短編映画の振興を目的として開催される映画祭です。
1-2:「第13回オイド短編映画祭」の作品応募受付は2022年2月16日(水)より3月31日(木)までの期間です
応募作品は書類選考を経た後、高円寺シアターバッカスで開催される「第13回オイド短編映画祭選考上映会」で上映されます。「選考上映会」については3月中旬より、平日夜を中心に開催を予定しております。詳細は別途ご案内します。
1-3:選考上映会を経て、入選作品(12本予定)は、「第13回オイド短編映画祭」本選へと進むことが出来ます。入選作品は4月10日(日)高円寺シアターバッカスホームページで発表いたします。
1-4:「第13回オイド短編映画祭」入選作品は、日本最大級のインディペンデント系配信プラットフォーム「DOKUSO映画館」での有料配信を2週間程度行う予定です。
実行委員会による各賞の選考と同時に、配信の再生回数を基準とした「観客賞」を決定いたします。
1-5:「第13回オイド短編映画祭」各賞の発表および授賞式は、2022年5月上旬、高円寺シアターバッカスで開催いたします。
     

2、募集要項
2-1:高円寺シアターバッカスでの上映履歴がない作品であればエントリーできます。  
2-2:監督、出品者のプロフィール(年齢、国籍、プロ、アマチュア等)は問いません。
2-3:作品のジャンル(アニメ/ホラー/コメディ/ドラマ/ドキュメンタリー/PV等)に制限はありません。
2-4:公序良俗に著しく反しないと出品者が断言できる作品を出品してください。
2-5:作品中使用される言語に制限はありません。ただし、日本国内での上映を基本とするため、日本語以外の言語の場合は日本語字幕をつけた状態で応募してください。
2-6:作品の制作年は問いません。
2-7:作品の尺はエンドクレジット、その他を含め1分以上40分以内とします。
2-8:同一名義での出品は2作品までとします。
2-9:運営手数料(エントリー料)は1作品あたり1,500円とします。高円寺シアターバッカスを運営する任意団体クリエイターズ・ラボ・バッカスの口座にご入金ください。同一名義・2作品応募の場合は2,000円です。

振込先:
みずほ銀行高円寺北口支店
普通1184889
クリエイターズ・ラボ・バッカス

  
3、応募方法
3-1:「オイド短編映画祭」のホームページから応募フォームに進んでいただき、必要事項を明記の上、送信してください(自動返信メールは送信されません。ご注意ください)
3-2:応募フォームからの送信後、1週間以内を目処に、完パケデータをギガファイル便等によりお送りください。
HDD、SSD等の送付も受付ています。DVD、BD等しか完パケが存在しない場合は、事前に実行委員会にご相談ください。

完パケデータ送付先
メールアドレス:koenjibacchus@gmail.com
メディア送付:166-0002 東京都杉並区高円寺北2-21-6レインボービル3階高円寺シアターバッカス 宛

3-3:完パケ(完パケデータ)のレギュレーションは以下の通りです。
ファイルフォーマット:ProRes422 もしくは .mp4
サイズ:1920×1080
*画面内でマスクを切ってアスペクト比を調整いただくのは大丈夫ですが、サイズそのものは1920×1080=HDにして下さい。
*640×480=SDのデータは受付ておりません。1920×1080=HDにアップコンバートしたものをご応募下さい。
*4K、8Kマスターの作品はお手数ですがHDへダウンコンバートの上ご応募下さい。
フィールドオーダー:プログレッシブ/インターレス
フレームレート:23.97/24/29.97/30
ピクセル縦横比:1.0

オーディオ
コーデック:非圧縮/AAC/MPEG 等
サンプルレート:48000Hz
サンプルビット:16ビット
トラック:2トラック(ステレオ/デュアルMONO)

*選考上映会の際は、運営の都合上
ProRes422/29.97P/STEREO or MONO
にマスタリングされたものを上映いたします(マスタリング作業は実行委員会で行います)ご了承ください。
*入選作品(12本程度)の配信用データ作成は、お送りいただいたデータをマザーとして、実行委員会で行います。

3-4:送付いただいた物理メディアは、選考上映会終了後実行委員会より返却いたします。    
3-5:応募に関する費用は応募者の負担となります。

4、著作権について
4-1:応募作品は出品者に著作権があるものに限ります。
完成した作品中で、「©︎(コピーライト)」の表記を必ず入れるようにしてください。
4-2:原作がある作品や第三者が著作権を保有するもの、または、音楽、画像、写真、文章等、あらゆる著作物を利用する作品については、出品者が原作や当該著作物の著作者からその利用許諾を受けている場合に限り応募可能とします。
4-3:著作権に関する権利処理の手続き等は出品者の責任において実施してください。
第三者から権利侵害、損害賠償等についてクレームがあった場合、本映画祭の主催者、協賛企業および団体、協力企業および団体、後援企業および団体、その他関係者は一切の責任を負いません。
4-4:原作がある場合や第三者の著作物を使用した場合はその旨を明記すると共に、利用許諾書のコピーを添付してください。
4-5:音楽著作物に関しては、出品者の責任において著作権者もしくは社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理者から利用許諾を受けてください。
4-6:応募作品の著作権は出品者に帰属します。ただし本映画祭関係者は、応募作品の全部または一部を、本映画祭もしくは自らの事業活動に関係し、これに言及する雑誌、書籍その他の印刷物への掲載、広報活動での利用、インターネット上での配信、およびその他の方法により無償で利用することがあります (応募作品を編集して利用することを含みます)。
この場合、映画祭側より事前の告知および使用方法についての協議を行うことを前提とし、出品者が当該利用に同意することを確認した上で利用することとします。
(上述の通り、応募作品に利用する原作または著作物について第三者から利用許諾を受ける場合は、本映画祭関係者に対して当該利用の同意をすることを含めて許諾を受けてください)。
  

5、問い合わせ先
オイド短編映画祭実行委員会
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-21-6 レインボービル3階 高円寺シアターバッカス内
URL https://bacchus-tokyo.com/
Mail koenjibacchus@gmail.com

Latest Posts

冬の中編・短編特集2022@シアターバッカス

Information 12/13(火)18:00〜12/15(木)18:00〜12/16(金)18:00〜入場料:¥1,700(ワンドリンク込み/1日)ご予約はこちらからhttps://forms.gle/QaKiwdszv3bkZMqa9

Steven J Martin 監督作品 『Unplayed Lullaby』@シアターバッカス

2021年8月、小さな二人芝居の舞台として上演された「Unplayed...

太田信吾監督短編作品集@バッカス

12月13日(火)13:00~12月15日(水)13:00~12月16日(木)13:00~ 『エディブル・リバー』(20min/Documentary)

特集:加藤綾佳 監督・脚本 最新作『この恋は終わってる』公開!

4日間の出張で6年ぶりに東京に訪れた、食品容器メーカーで働くサラリーマンの春。現在は石川で働いているものの、6年前までは東京に住んでいた。そんな彼が仕事帰りに何気なく当時通っていた居酒屋に入り過去を思い返していると、ふとした出来事をきっかけに元カノ・琴ちゃんと再会することに−加藤綾佳監督・脚本ならではの手触りで描く、オトコとオンナのストーリー。 併映:『オードリーによろしく』監督・脚本 加藤綾佳