佐藤玲・筒井真理子 共演 
映画『Threads of Blue』
@シアターバッカス

    

最新情報

宗野賢一監督、舞台挨拶決定!
1月27日(土)18:30〜上映回

インフォメーション

2024年1月22日(月)〜28日(日)
連日 18:30〜

ご予約はこちらから
https://forms.gle/tFgTGupopjQxfpth6

    

映画公式WEBサイト
https://threads-of-blue.com/

   

『Threads of Blue』とは?

普通とは違う、“珍しい作品で面白いな”という印象をもちました。ヒューマンドラマのようで、人類に対して示唆を与えるようなSF、あるいは近未来的な作品でもあり、サスペンス、ホラーなど、今まであるようでなかった面白さが詰まっているように感じました。ストーリーの構造そのものもユニークで、様々な対比が同時に展開しながら、ラストシーンまでつながっていく、設定はもちろん、話の作り方にも斬新さを感じました。

主演:筒井真理子

◆筒井真理子(つつい まりこ)
早稲田大学在学中に劇団「第三舞台」で初舞台。第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞した『淵に立つ』で数々の映画祭で主演女優賞受賞。主演作品『よこがお』で芸術選奨映画部門文部科学大臣賞受賞。全国映連賞女優賞、Asian Film FestivalのBest Actress最優秀賞を受賞。近年の主な出演作に『jam』(18年)、『愛がなんだ』(19年)、『ひとよ』(19年)、『影裏』(20年)、『天外者』(20年)、『夜明けまでバス停で』(22年)など。主演映画『波紋』(23年)が5月26日より全国公開。今後も多数公開作品が控えている。

    

STORY

ある薄暗いマンションの一室で、燃える車の絵を荒々しく描く謎の白髪の老婆・・・。

ちょうどその頃、山道での交通事故で両親と弟を失うという悪夢から目を覚ましたエン(佐藤玲)は、不吉な予感に襲われる。なぜなら数日後に予定している家族旅行の行き先は避暑地の山であったからだ。エンは父親に旅行をやめさせようと説得を試みるも、聞く耳を持たない。そんな中、同じマンションの住人の百合子さんはエンに、夢で見た交通事故はもうすでに起こった出来事である、と告げる。いったいどういう意味なのか?もしそれが本当だとしたら、今エンの目の前にいる家族はいったい誰なのか?そして不吉な絵を描く老婆の正体は・・・・?

     

CAST

佐藤玲 筒井真理子 野村宏伸 広山詞葉 越村友一 荒田陽向 佐渡山順久 市瀬由宇 桑原良二 村上泰児

     

STAFF

監督・脚本・編集: 宗野賢一 

エグゼクティブプロデューサー:金延宏明 前田和紀
プロデューサー:安達ツトム
アソシエイトプロデューサー:佐藤美智子 内田愼吾
音楽:小野川浩幸 足立知謙
撮影:小針亮馬
照明:大堀治樹
美術:富田大輔
録音:松野泉
ヘアメイク:青木理恵
スタイリスト:加藤しょう子
助監督:玉木雄介
製作担当:西川浩介 高原正浩

   

ギャラリー

Latest Posts

【米アカデミー賞の原点】活弁シネマライブ VOL.3『つばさ』

大好評「活弁シネマライブ」、米アカデミー賞の季節・3月は、第1回アカデミー賞の二冠に輝く名作『つばさ』をお届けします!原作者・監督・撮影監督をはじめ、第一次大戦を生き残ったパイロットたちが製作に参加。実写の大迫力で、連綿と続く「飛行機映画」「空中戦映画」の手本となった作品です。この作品の公開直前、C・リンドバーグによるニューヨーク・パリ間の大西洋単独無着陸飛行が成功し、世界的に航空機熱が高まる中で大ヒットを記録。栄誉ある第1回アカデミー賞の「作品賞」「技術効果賞」を受賞しています。      

映画監督PETER CLAY主催 CLAY’S FILM FESTIVAL 2024 @シアターバッカス

     ▼CFF2024公式サイト▼https://peterclayfilm.wixsite.com/claysfilmfestival

特集:ふし文人「東京シジミ日記202$」(一日限定)

●3/16(土)入場開始:15:05上映スタート:15:20料金:1,500円*舞台挨拶あり ご予約はこちらからhttps://forms.gle/AjSHj4PhMSXoXW3S8

【ロン・チェイニー第2弾】 活弁シネマライブ VOL.2 『ノートルダムのせむし男』

    大好評「活弁サロン」が「活弁シネマライブ」としてリニューアル!1月・2月は「不朽の名作×怪奇俳優ロン・チェイニー」と題して、現代ホラーの源流とも言うべき作品を2ヶ月連続でお届けします。卓越した演技力と特別なメイク技術により、「千の顔を持つ男」と言われたロン・チェイニー。サイレント期からトーキー初期にかけ、恐怖映画のスターとして文字通り一世を風靡しました。『オペラの怪人』『ノートルダムのせむし男』は、その後も繰り返し映画化、舞台化されていますが、彼の演じたオペラ座の怪人エリックと、ノートルダムの鐘つき男カジモドは、「映画史上最もグロテスクで、醜い登場人物」と言われ、後のホラー映画に多大な影響を与えています。

特集上映「高橋栄一ノ世界」@シアターバッカス

「ホゾを咬む」が、3ヶ月連続ロングラン中の高橋栄一監督。高橋栄一ワールドの「これまで」と「これから」を展望する特集上映の開催が決定!テーマごとの短編プログラム、蔵出し作品、そして「カラー版 ホゾを咬む」と、ヴァラエティに富んだラインナップをお楽しみください