バッカス活弁サロンvol.5
原点にして頂点・古典SFの最高峰
『メトロポリス』
〜映画基礎教養講座〜

巨匠フリッツ・ラングが描き出した2026年の未来社会・・・
制作当時から蠢いていた「資本主義と共産主義の対立」そして「ファシズムの台頭」までも包含した、ディストピアの物語。
女性型人造人間やテレビ電話など、後世に絶大な影響を残したSFアイテムの数々。
SF界の巨人、フォレスト・J・アッカーマンが「SF映画の原点にして頂点」と評した永遠の名作が、バッカス活弁サロンに登場!
コロナ禍の今、フリッツ・ラングの永遠のメッセージをお届けします。

プログラム

12月23日(金)
14:00〜 *満席・予約受付終了
『メトロポリス』 弁士:佐々木亜希子 楽士:永田雅代
19:00〜
『メトロポリス』 弁士:佐々木亜希子 楽士:永田雅代

12月24日(土)
13:00〜 *満席・予約受付終了
『メトロポリス』 弁士:佐々木亜希子 楽士:永田雅代
17:00〜
『メトロポリス』 弁士:佐々木亜希子 楽士:永田雅代

レクチャートーク

白井 佳夫(しらい よしお)映画評論家

1958年早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。キネマ旬報社に入社して編集者として10年在籍、1968-76年『キネマ旬報』編集長を8年半つとめる。
1976年から3年間、東京12チャンネルで「日本映画名作劇場」の解説を担当。
1987年から、映画「無法松の一生」(1943年)の戦前、戦後の二重検閲場面を復元し、各地で公開・講演するパフォーマンスを実施。
2002年から3年間、東京芸術大学で特別講義「日本の古典映画」を行う。
2004年文化庁映画賞受賞

毎回上映前に、白井 佳夫さんによるレクチャートークを上映いたします。
白井さんの解説で、作品への理解がグッと深まり、楽しさ倍増!
どうぞお楽しみに。
     

チケット

25才以下:2,000円
一般:
2,500円

ご予約は
https://forms.gle/1u7z8RV7X1U3ric99

ギャラリー

Filmregisseurs Fritz Lang ( 79 jaar ) arriveert op Schiphol *10 april 1969

フリッツ・ラング
(1890 – 1976)

  代表作
   ドクトル・マブゼ (1922) Dr. Mabuse, der Spieler
   ニーベルンゲン ジークフリート (1924) Die Nibelungen: Siegfried
   ニーベルンゲン クリームヒルトの復讐 (1924) Die Nibelungen: Kriemhilds Rache
   メトロポリス (1927) Metropolis
   月世界の女 (1928) Woman in the Moon
   M (1931) M
   死刑執行人もまた死す (1943) Hangmen Also Die!
   恐怖省 (1944) Ministry of Fear
   怪人マブゼ博士 (1960) The Thousand Eyes of Dr. Mabuse

Joost Evers / Anefo, CC BY-SA 3.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0, ウィキメディア・コモンズ経由で

Latest Posts

特集:小原徳子〜She’s Creative Work〜

      〜彼女は創造的な仕事をしています〜国内外で話題を呼ぶ主演・脚本作『いずれあなたが知る話』の東京凱旋上映、そして小原徳子セレクションの短編作品をプログラム。またスペシャル企画として、『いずれあなたが知る話』小原徳子ライブ・コメンタリー上映も実施!GWに小原徳子のCreative Workをギュッと凝縮してお届けします。

インディーズ映画フェスティバル in 高円寺2024GW

     GWはハピモン&バッカスにお任せあれ!今年の連休は目一杯の映画三昧を!注目監督の特集上映、アンコール上映、海外の自主制作SF映画特集、英語字幕付き上映会など盛りだくさんです!

クロサワイズム尚も拡散中 『LIFE WORK OF AKIRA KUROSAWA   黒澤明のライフワーク』

Information 2024年4月14日(日)18:30〜2024年4月28日(日)21:00〜

【新×2・古典主義】 バッカスクラシックス 4月のラインナップ

シアターの光と影の中でこそ、映画は輝く…洋画・邦画の古今の名作映画を(配信でなく)シアターで楽しむ新企画『バッカスクラシックス』毎月・1週間・日替わりで、映画古典の世界を巡る旅です。