特別なGWを!南翔太主演「渋谷行進曲」上映会

南翔太主演・映画「渋谷行進曲」の上映がいよいよスタートします。
昨年暮れに行われた渋谷ユーロライブでの1日限りの上映から、
4月24日 愛知県西尾市での上映を経て、
5月3日〜5日のバッカス、5月8日・9日ザムザ阿佐谷の杉並サーキットと続く
行進曲!
「もし今夜世界が終わるなら、俺はどうしたい?」
 

映画「渋谷行進曲」 主題歌:加藤ヒロ「赤い薔薇」

 
5/3(月・祝)14:30〜/17:30〜
5/4(火・祝)11:30〜/14:30〜/17:30〜
5/5(水・祝)11:30〜/14:30〜/17:30〜

前売り券 ¥2,500-
パンフレット付き前売り券 ¥3,500-
DVD予約付き前売り券 ¥7,500-

ご予約はこちらから↓
https://t.livepocket.jp/t/sct-shibuyakoushinkyoku3

「渋谷行進曲」作品ホームページ
https://www.shibuyakoushinnkyoku-sct.com/


STORY

「人生は成功するためにあるんじゃない。ただ生きろ。それだけで苦しい。 苦しい苦しいって言いながら、それでも生きる。それでいいんだ。それが生きるってことだ」

渋谷代官山にある老舗劇場、“シアター浪漫 City”。

2020 年 3 月。新型コロナウィルス感染症拡大防止のための緊急事態宣言発令により、
予定されていた公演『渋谷行進曲』が初日目前に中止となった。
すでに劇場にはセットが立てられ、出演者、スタッフはみんなリハーサルの真っ最中。

「仕方ない、こういうご時世だ」

誰もが口を揃えて劇場から立ち去ろうとする中、
ただ一人、劇場から動かず奮闘する男がいた。その男の口癖はこうだった。

​「もし今夜世界が終わるなら、俺はどうしたい?」
​​​
それぞれの思惑がぶつかり、行き詰まり、爆発し、やがて誰もいない劇場のステージにスポットライトが当たる。

これは、パンデミックのさなかの劇場を舞台にした3日間の物語。
見たことも聞いたこともない未知の脅威と制約された社会の中で、目にも見えず、音もなく静かに横たわる恐怖。
今までとは違う、すっかり変わってしまった日常。自分の人生。変わっていく環境にうまく適応できず、心と体を病んでいく人々。壊れていく関係。
だが新しく芽生える繋がりも確かにある。破壊の後、再生は必ず起こる。
人が生きるということはどういうことなんだろう。
人の幸せとは、なんなのか。
そんな根本的な疑問を考えたかもしれない、または何も考えなかったかもしれない名もなき人々の、劇場を舞台にした人生の縮図                                   

生きろ!!
愛すべき偽善者ども


CAST

南翔太
 
後藤郁

松浦正太郎 橋谷拓玖 宮下涼太
安楽楓 高橋しよは

         ○

吉木遼 河野凌太 松浦慎太郎 宮藤あどね 小貫莉奈

         ○

梅原はるか 野良のりオ Sallu 奥谷まっちゃ 友秋 渋谷りりぃ 
奥井智大 山下伯子 井上翔
 

加藤ヒロ 高山典子

ヒロホンダ

松田好太郎 吉沢果子

永山たかし

ご予約はこちらから↓
https://t.livepocket.jp/t/sct-shibuyakoushinkyoku3

「渋谷行進曲」作品ホームページ
https://www.shibuyakoushinnkyoku-sct.com/

STAFF

脚本 中井由梨子(mosaique-Tokyo)

プロデュース JACO

ラインプロデュース 松田好太郎
演技事務 吉沢果子
監督助手 松浦正太郎

技術プロデュース 百束尚浩
撮影 島田貴仁 水野寛之
音声 戸部政明
舞台照明 鈴木佳世
オンラインエディター 岡田和実

美術 井也
スタイリスト 横尾早織
メイク 田中紫央 藤澤和紀

音楽プロデュース 安藤日出孝
劇伴 神村シゲゾー
主題歌 加藤ヒロ「赤い薔薇」
サウンドデザイン 石井和之
サウンドエディター 高木秀和

スタント 高橋昌志
医療監修 緒方創造
ポスターデザイン YOH

協力
株式会社JACO
株式会社万永
株式会社ポイントブランク
株式会社ニートネスト
株式会社シールズ
株式会社俳優座劇場
株式会社ガイアクリエイション
楽屋
Tokyo Kenkyo

シアター代官山

株式会社 劇団ひまわり

Special Thanks
映画「渋谷行進曲」クラウドファンディングにご協力してくださった皆さま

制作  JACO Fes実行委員会
製作配給  株式会Shibuya Cinema Tokyo

監督 秋山純(JACO)

ご予約はこちらから↓
https://t.livepocket.jp/t/sct-shibuyakoushinkyoku3

「渋谷行進曲」作品ホームページ
https://www.shibuyakoushinnkyoku-sct.com/

Latest Posts

2作品同時上映会「青の静寂」〜未完成な僕ら〜

昨年2020年3月13日緊急事態宣言の発令によってやむを得ず延期となり1年後ようやく開催する事に至った今上映会、私達制作スタッフやキャスト、協力してくださった皆様の1年越しの思いが詰まった特別なものです。開催出来ることを非常に嬉しく思います。是非お気軽に遊びに来て頂きたいです。皆様にお会い出来るのを楽しみにしております。 作品上映 「静寂とアスクレピオス」小泉雄也監督作品...

特別なGWを!南翔太主演「渋谷行進曲」上映会

南翔太主演・映画「渋谷行進曲」の上映がいよいよスタートします。昨年暮れに行われた渋谷ユーロライブでの1日限りの上映から、4月24日 愛知県西尾市での上映を経て、5月3日〜5日のバッカス、5月8日・9日ザムザ阿佐谷の杉並サーキットと続く行進曲!「もし今夜世界が終わるなら、俺はどうしたい?」 

堂々凱旋!「いつくしみふかき」上映会

コロナ禍の中、慎重に慎重を重ねる中で、全国縦断ロードショーを大成功させた「いつくしみふかき」がバッカスに凱旋!昨年秋に行い、ご好評を頂いた、生オーディオコメンタリー上映も行います。(4/29 17:30 〜)新たな全国展開に向けて、バッカスから出発します!「何度でも鑑賞に耐えうる」骨太のドラマと、渡辺いっけい、遠山雄を中心とした、時に重厚な、時に軽やかな演技陣のパフォーマンス。そして初長編作品となる大山晃一郎監督の伸び伸びとした演出を、バッカスのスクリーンでご堪能ください。

GW第一弾!谷口雄一郎監督最新作「Surface」/「あのこを忘れて」2本立て特別上映!!

「映画創作ワークショップ」によって生み出された、谷口雄一郎監督の最新作2本を2日間限定で特別上映いたします。「Surface」は京都国際映画祭クリエイターズファクトリー入選、日本芸術センター第12回映像グランプリでは例年の優秀賞にあたる糾弾賞を受賞!!「あのこを忘れて」は完成したばかりで、上映は今回が初めて。今後は国内にとどまらず海外の映画祭にも出品予定!!ワークショップによって引き出された谷口監督の新たな一面を、そして丹念に磨かれた俳優の演技を是非ご堪能ください!! 【日時】2021年5月1日(土)、2日(日)...