GW第一弾!谷口雄一郎監督最新作「Surface」/「あのこを忘れて」2本立て特別上映!!

「映画創作ワークショップ」によって生み出された、谷口雄一郎監督の最新作2本を2日間限定で特別上映いたします。
「Surface」は京都国際映画祭クリエイターズファクトリー入選、日本芸術センター第12回映像グランプリでは例年の優秀賞にあたる糾弾賞を受賞!!
「あのこを忘れて」は完成したばかりで、上映は今回が初めて。今後は国内にとどまらず海外の映画祭にも出品予定!!
ワークショップによって引き出された谷口監督の新たな一面を、そして丹念に磨かれた俳優の演技を是非ご堪能ください!!

【日時】2021年5月1日(土)、2日(日)  10:30~/13:00~/15:30~/18:00~
【料金】1,500円

【上映プログラム】
「Surface」(38分)
 休憩 (5分)
「あのこを忘れて」(56分)
 出演者舞台挨拶 (15分) 

 

ご予約はこちらから↓
https://taniguchi-movie-bacchus.peatix.com

登壇者などの最新情報は↓
https://twitter.com/taniguchi_movie

 

映画創作ワークショップとは

2020年より、俳優の山元隆弘を主宰として立ち上がりました。
近年、ワークショップによる映画製作が増えてきましたが、それは監督と俳優のみによるワークショップがほとんどでした。しかしそれだけでは世界の広がりが限定的になるのではないかと、クラウドファンディングを通じて一般の方からも参加者を募り、ストーリーやキャラクターの構成も一緒に考えていこうと企画されたのが「映画創作ワークショップ」です。
より多くの人々の想いを映画に込め、そして映画の製作過程もエンターテイメントにすることを目標に活動をしております。

作品紹介

「Surface」(2020年)

人気少女漫画家・牧野雫と声優・川本智太郎との不倫がSNSの写真投稿により発覚、拡散。牧野雫による依頼により弁護士から呼び出される誹謗中傷を行った加害者達。
言い逃れ、開き直り等々、言い分は様々。そんな中、弁護士はあるものを牧野から預かっていた。徐々に明らかになる真相の中、加害者達の表の顔が露わになっていく……

Cast
今野ゆか 磯野弘明 山岸佑哉 いずみ尚 河西美季 國崎健一 坂城君(保坂直希)
白畑真逸 竹田有美香 荻野祐輔 ナシモトヤスオ 池松亜美 九羽紅緒 広江美奈

Staff
撮影 星潤哉/録音 小牧将人/音楽 永井カイル/タイトルシークエンス 松尾豪

    


「あのこを忘れて」(2021年)

ある病気の特効薬。その副作用は、特定の人を『忘れる』ことだった。
別れた恋人を『忘れた』男・瀬戸幸也。長年、幸也に片思いしてきた女・林美琴は、つい自分が恋人だったとウソをついてしまう。
最愛の子供を亡くしたことを『忘れた』妻・長門千紗。夫・長門浩次朗は、そのまま、子供がいなかったことにしようとする。
2組の男女と寄り添う人々が織りなす、あのこへの物語──

Cast
石橋征太郎 木村梨恵子 保坂直希 相馬有紀実 中村更紗
壷田大貴 紫藤楽歩 白畑真逸

Staff
撮影 春木康輔/録音 小牧将人/撮影助手 太田英
助監督 ニノミヤタカシ/音楽 佐久間あすか

   

監督谷口雄一郎

1980年愛知県春日井市生まれ。大学在学中に観た映画をきっかけに、映画業界を志す。大学卒業後一年程のサラリーマン生活の後、日本映画学校へ入学。
『地雷を踏んだらサヨウナラ』等の脚本家、丸内敏春氏や、サトウトシキ監督に師事。実習でたずさわったのをきっかけに映画録音の道へ。
在学中からフリーの録音助手として映画製作の現場へ赴く。
(参加作品:若松孝二監督作「実録連合赤軍」等)
卒業後、学生時代から行っていたシナリオ執筆を本格的に再開。その際に執筆した一編『純子はご機嫌ななめ』が篠原哲雄監督や豊島圭介監督らが審査員を務める伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞の2009短編部門において応募総数216本の中から大賞を受賞。翌年、自ら映像化。
2010年伊参スタジオ映画祭にて初上映し以後全国映画祭に出品、上映。
福岡インディペンデント映画祭40分ムービー部門グランプリ。長岡アジア映画祭監督賞、西日本最大のインディーズムービーコンペティション『ひろしま映像展2012』においてグランプリ、演技賞とダブル受賞等、全国の映画祭にて4つの賞を受賞。
2013年二作目「ゆびわのひみつ」が札幌国際短編映画祭最優秀国内作品賞、ハリウッドにて行われたLAEigaFestにてグランプリにあたるGoldenZipangAwardを審査員の満場一致で受賞。その他国内外含め7冠を成し遂げる。
その後もコンスタントに製作を続け、製作する作品全てが各映画祭にノミネート、ないし上映、受賞を続けている。
脚本家としても、アイドル映画関連から企画作成業務や他監督作品への提供、シナリオアドバイザーも行っている。

ご予約はこちらから↓
https://taniguchi-movie-bacchus.peatix.com

登壇者などの最新情報は↓
https://twitter.com/taniguchi_movie

Latest Posts

復活の連続開催!HAPPY MONSTERS【SF短編映画セレクションPART4】

破竹の勢いでまずは6/19「part4」! そして7/3開催予定の「part5」とセットの特典も!引き続き厳重にコロナ対策を維持しつつ、SF短編の懐の深さを堪能する充実のセレクション。 日時 6月19日(土)...

【クラファンリターン特典!】渡邊将監督作 映画「タイムカプセル」試写会開催!

「今は俳優も発信していく時代だ。むしろ海外だと俳優が監督、プロデュースなどザラにある。海外に負けないくらい良い作品を産み出したい!」新進気鋭の俳優・渡邊将(「性の劇薬」他)の挑戦!300%オーバー達成クラウドファンディングのリターン特典として、映画「タイムカプセル」試写会を開催します

【6/25 待望の全国公開スタート!】五藤利弘監督最新作「ほうきに願いを」

震災で傷ついた少女——手を差し伸べる鹿沼のほうき職人——娘の想いはどこへ—— 『レミングスの夏』『おかあさんの被爆ピアノ』の五藤利弘監督最新作!東日本大震災から10年目を迎える2021年。伝統のほうき職人とその家族、そして震災の被災地から引っ越してきた母娘。栃木県鹿沼市を舞台に、地道な一本一本手作業によって紡がれていく「鹿沼ほうき」のような、不器用でいて優しい、贖罪と再生の物語。高円寺シアターバッカスから、全国順次公開がいよいよ始まります!    

【「渋谷行進曲」上映延期のお知らせ】

緊急事態宣言の発令を受けて、5月3日(月・祝)〜5日(水・祝)に開催を予定しておりました「渋谷行進曲」は、上映を延期いたします。新たな「渋谷行進曲」の上映日程は、決定次第、シアターバッカスHP、「渋谷行進曲」作品ホームページ、各SNS等でお知らせいたします。2021年4月25日高円寺シアターバッカス *最新情報はこちらから↓

【4/29(木・祝)「いつくしみふかき」上映延期のお知らせ】

緊急事態宣言の発令を受けて、4月29日(木・祝)に開催を予定しておりました「いつくしみふかき」上映は延期をいたします。上映、生オーディオコメンタリー上映を楽しみにしていらっしゃった皆様、大変申し訳ございません。日を改めまして「いつくしみふかき」上映、生オーディオコメンタリー上映は、開催をさせていただきます。日程につきましては、決定次第、シアターバッカスHP、各SNS等でお知らせいたします。2021年4月25日高円寺シアターバッカス