このヴァカンスはとっておき!
『クレマチスの窓辺』&
永岡俊幸監督作品選集

俊英・永岡俊幸監督の劇場デビュー作『クレマチスの窓辺』をシアターバッカスで!東京・名古屋・大阪・京都でのロードショーを終え、待望の東京リバイバル公開です。
加えて、永岡監督の傑作初期短編と、最新短編を同時上映!
「永岡俊幸監督作品選集」をお届けします。
E・ロメール作品をも思わせる、伸びやかな作品世界・サラリとした手触りの永岡ワールドをこの機会に是非!

NEWS!

トークイベント登壇情報!
7/9(土)永岡俊幸監督

7/10(日)
13:00 瀬戸かほ、永岡監督
16:00 瀬戸かほ、小山梨奈、ミネオショウ、永岡監督

7/11(月)
19:30 廣瀬菜都美(『つめたいあかり』出演)、宇乃うめの、
東かほり(デザイナー、映画監督)、永岡監督

7/12(火)
19:30 福場俊策、永岡監督

7/13(水)
19:30 永岡監督

7/14(木)
19:30 福場俊策、永岡監督

7/15(金)
19:30 永岡監督、サトウヒロキ

7/16(土)
13:00 永岡監督
16:00 永岡監督、サトウヒロキ

7/17(日)
13:00 永岡監督
16:00 永岡監督

7/18(月・祝)
13:00 福場俊策、永岡監督
16:00 福場俊策、永岡監督

*登壇者は都合により変更・追加になる場合があります。ご了承下さい。

introduction

都会の喧騒から遠く離れて、「出会い=冒険」の一週間のヴァカンス――
喫茶店で、海辺や湖畔で、家の庭でだらだらとおしゃべり。街中で知り合いにばったり会っ ちゃってまたおしゃべり。少し長い休暇を田舎でゆったり過ごす。もしかしたらちょっとした事件があるかも――
日本製ヴァカンス映画に挑戦するのは、本作が劇場デビュー作となる永岡俊幸。主演はモデ ルとして活躍し、「愛の小さな歴史 誰でもない恋人たちの風景 vol.1」などで女優としても いま注目を集めている瀬戸かほ。そして、街で出会う人々を個性豊かな俳優陣が脇を固め、 1970年代の日活映画で活躍した伝説の女優・小川節子の約45年ぶりの復帰作となる。 主題歌「まどろみ」は、島根県出身のシンガーソングライター・山根万理奈による書下ろし曲。

そして今回の東京凱旋リバイバル公開では、永岡俊幸監督の短編作品2本を同時上映。第10回⽇本芸術センター映像グランプリ⼊選など各地で高い評価を得た『オーロラ・グローリー』、そして今の所の最新作となる『つめたいあかり』。併せて土日祝を中心にトークイベントも開催!
新しい才能の覚醒に、是非皆様、立ち会ってください!

schedule

2022年7月9日(土)〜18日(月・祝)

7/9(土)   13:00〜/16:00〜 *トークイベントあり
7/10(日) 13:00〜/16:00〜 *トークイベントあり
7/11(月) 19:30〜
7/12(火) 19:30〜
7/13(水) 19:30〜
7/14(木) 19:30〜
7/15(金) 19:30〜
7/16(土) 13:00〜/16:00〜 *トークイベントあり
7/17(日) 13:00〜/16:00〜 *トークイベントあり
7/18(月・祝) 13:00〜/16:00〜 *トークイベントあり

*各回『オーロラ・グローリー』『クレマチスの窓辺』『つめたいあかり』を上映

    

ticket

入場料金:当日一般 1500円

『クレマチスの窓辺』全国共通券(1200円)もご利用になれます

ご予約はこちらから
https://forms.gle/z7f3Z1Se82EQdEmJ7

『クレマチスの窓辺』全国共通券ご利用の場合も、上記予約フォームからご予約をお願いいたします

NEWS

永岡俊幸監督・出演者によるトークイベントの開催決定!
スケジュール、登壇者はこちらのページでお知らせいたします!

program

『オーロラ・グローリー』(2018年/26分)

【あらすじ】
「信じよ、オーロラ」
アリサとジュリ、二人の性格は対照的。アリサは仕事、ジュリは恋愛であまり上手くいっていない。そんなある日、二人は異常気象により東京でオーロラが見られるという噂を聞き、気分転換にマンションの屋上にテントを張ってオーロラの出現を待ってみる。
アリサとジュリの小さな冒険。

【主な上映歴】
2018年 第8回きりゅう映画祭きりゅうアワード2018⼊選
2018年 第10回⽇本芸術センター映像グランプリ⼊選
2019年 第2回⼤府ショートフィルムフェスティバルセレクト作品
2019年  Seisho Cinema Fes 2nd「ベストロケーション賞」受賞
など

【クレジット】
瀬戸かほ  小山梨奈 金井俊太郎 平賀レオ
監督・脚本・編集:永岡俊幸
2018/日本/カラー/26分/スタンダード/デジタル
©Route 9

   

『クレマチスの窓辺』(2020年/62分)

【あらすじ】
東京生まれ東京育ちの絵里は、ストレスが溜まる都会での生活をひととき抜け出して、地方の水辺の街でヴァカンスを過ごす。亡くなった祖母の家で暮らす一週間の中で、絵里はその街で生きている人々と交流する。建築家の従兄とその婚約者、大学生の従妹、靴職人、古墳研究者、バックパッカーなど、一癖ある人ばかり。そんな出会いと祖母の遺したものたちが絵里を少しだけ変えていく――

【クレジット】
瀬戸かほ 里内伽奈 福場俊策 小山梨奈 ミネオショウ 星能豊 サトウヒロキ
牛丸亮 宇乃うめの しじみ 西條裕美 小川節子
監督・編集:永岡俊幸
脚本:永岡俊幸、木島悠翔
主題歌:山根万理奈「まどろみ」
制作:Route9、focalnaut co.,ltd
配給・宣伝:アルミ―ド
©Route 9 2020/日本/カラー/62 分/ヨーロピアンビスタ/デジタル


     

『つめたいあかり』(2021年/14分)

【あらすじ】
壁一面に海洋生物の写真が貼られた部屋に住む青野遥香。遥香は友人からある頼み事をされていた。それは出せなかった手紙を代わりにポストに投函してほしいというものだった。遥香は、その相手のことが気になり、直接手紙を届けに行くことにする――深海魚と生物発光をモチーフに、生と死、共有される記憶を描く小品。

【主な上映歴】
2021年 ネオ熱海ムービー祭 上映
2022年 Seisho Cinema Fes 5th 入選

【クレジット】
廣瀬菜都美 星能豊 久田松真耶
監督・脚本:永岡俊幸
2021/日本/カラー/14分/アメリカンビスタ/デジタル
©Route 9

ご予約はこちらから
https://forms.gle/z7f3Z1Se82EQdEmJ7

『クレマチスの窓辺』全国共通券ご利用の場合も、上記予約フォームからご予約をお願いいたします

Latest Posts

冬の中編・短編特集2022@シアターバッカス

Information 12/13(火)18:00〜12/15(木)18:00〜12/16(金)18:00〜入場料:¥1,700(ワンドリンク込み/1日)ご予約はこちらからhttps://forms.gle/QaKiwdszv3bkZMqa9

Steven J Martin 監督作品 『Unplayed Lullaby』@シアターバッカス

2021年8月、小さな二人芝居の舞台として上演された「Unplayed...

太田信吾監督短編作品集@バッカス

12月13日(火)13:00~12月15日(水)13:00~12月16日(木)13:00~ 『エディブル・リバー』(20min/Documentary)

特集:加藤綾佳 監督・脚本 最新作『この恋は終わってる』公開!

4日間の出張で6年ぶりに東京に訪れた、食品容器メーカーで働くサラリーマンの春。現在は石川で働いているものの、6年前までは東京に住んでいた。そんな彼が仕事帰りに何気なく当時通っていた居酒屋に入り過去を思い返していると、ふとした出来事をきっかけに元カノ・琴ちゃんと再会することに−加藤綾佳監督・脚本ならではの手触りで描く、オトコとオンナのストーリー。 併映:『オードリーによろしく』監督・脚本 加藤綾佳