SFに萌える—Bacchus Sci-Fi作品特集 vol.2

Bacchus Sci-Fi作品特集、vol.1の再上映に続き、いよいよ vol.2 が登場!
いつか必ずやってくる首都直下大地震への不安を、大胆にSFへと置き換え、せつない兄弟の絆と共に描く「東京彗星」
今は亡き父が作った『物質転移装置』をめぐって奮闘する姉妹の姿をコミカルに描く「スリッパと真夏の月」
人類誕生から人間を見守り続けてきた押し入れ女と、彼女に食事を届ける役割を父から受け継いだ男の物語「押し入れ女の幸福」
第一線で活躍するクリエイターたちが手がけた珠玉の3作品、ご堪能ください!

2020年2月9日(日)〜11日(火・祝)

高円寺シアターバッカス1周年記念特別価格
参加料金:¥1,500-(ワンドリンク付き)


1作品のみご観賞:¥500- プラス ワンドリンク

ご予約(Peatixによる予約*事前支払い)
https://bacchus-sci-fi-vol2.peatix.com/

ご予約(Googleフォームによる予約*当日清算)
https://forms.gle/MmBE5zfW7ArpYpwv7

1作品のみご観賞の場合は、ご希望の日時と作品名をメールでお知らせください(*当日清算)
info@bacchus-tokyo.com

参加作品(順不同)
「押し入れ女の幸福」(29分)監督:大橋隆行
「スリッパと真夏の月」(30分)監督:木場明義
「東京彗星」(30分)監督:洞内広樹

「押し入れ女の幸福」監督:大橋隆行
「スリッパと真夏の月」監督:木場明義
「東京彗星」監督:洞内広樹

Introduction(再録)

かの傑作SFアンソロジー「ミステリー・ゾーン」(The Twilight Zone)は、1950年代のマッカーシズムに端を発する度を過ぎた検閲を逃れるために作られました。
人種差別や核の恐怖、そして衆愚。
のっぴきならない社会問題に切り込んでいくために、ロッド・サーリングやリチャード・マシスン、チャールズ・ボーモントといった作家たちは、SFやファンタジーの力を借りて、彼らなりのクリエイティブワークを進めていったのです。
そう、ハルカカナタの世界にあるSFもあれば、現実の世界にあてがうモノサシとしてのSFもある。
21世紀になって、人間が思い描いていた未来と現実とのズレが大きくなり、人と人との分断が広がっていく。その隙間を埋めようとして、手を出さなくていい領域に科学が飲み込まれ、テクノロジーが「いびつさ」を拡大していく。そんな今の時代にこそ、SFが持つ「センス・オブ・ワンダー」の力=人の想像力/創造力 の復活が求められている、と思えてなりません。
バッカスの「Sci-Fi作品特集」は、在野のクリエイターの短編作品に光を当て、新たな創作活動を促すと同時に、「センス・オブ・ワンダー」復権へのささやかなる一歩を希求して企画いたしました。
己の手が届く範囲が世界のすべてではありません。
皆が共感できるような世界のその先に、「センス・オブ・ワンダー」の光線が当てられる時、停滞した産業としての日本の映画たちがブレイクスルーする光景が展開していくとソウゾウしています。
願わくば、良きクリエイター、良きオーディエンスが集い、一滴の水が流れとなって、長く長く大海へと続くムーヴメントとなっていきますよう。

高円寺シアターバッカス
代表 丸山大悟

タイムテーブル

2月9日(日)14:30〜  MC:タカ
14:30「押し入れ女の幸福」(29分)監督:大橋隆行
15:10「スリッパと真夏の月」(30分)監督:木場明義
15:50「東京彗星」(30分)監督:洞内広樹

2月9日(日)19:45〜 MC:タカ
19:45「東京彗星」(30分)監督:洞内広樹
20:25「押し入れ女の幸福」(29分)監督:大橋隆行
21:05「スリッパと真夏の月」(30分)監督:木場明義

2月10日(月)20:00〜 MC:タカ
20:00「スリッパと真夏の月」(30分)監督:木場明義
20:40「東京彗星」(30分)監督:洞内広樹
21:20「押し入れ女の幸福」(29分)監督:大橋隆行

2月11日(火・祝)14:30〜  MC:タカ
14:30「東京彗星」(30分)監督:洞内広樹
15:10「押し入れ女の幸福」(29分)監督:大橋隆行
15:50「スリッパと真夏の月」(30分)監督:木場明義

2月11日(火・祝)18:30〜 MC:タカ
18:30「押し入れ女の幸福」(29分)監督:大橋隆行
19:10「スリッパと真夏の月」(30分)監督:木場明義
19:50「東京彗星」(30分)監督:洞内広樹

ご予約(Peatixによる予約*事前支払い)
https://bacchus-sci-fi-vol2.peatix.com/

ご予約(Googleフォームによる予約*当日清算)
https://forms.gle/MmBE5zfW7ArpYpwv7

1作品のみご観賞の場合は、ご希望の日時と作品名をメールでお知らせください(*当日清算)
info@bacchus-tokyo.com

Latest Posts

【米アカデミー賞の原点】活弁シネマライブ VOL.3『つばさ』

大好評「活弁シネマライブ」、米アカデミー賞の季節・3月は、第1回アカデミー賞の二冠に輝く名作『つばさ』をお届けします!原作者・監督・撮影監督をはじめ、第一次大戦を生き残ったパイロットたちが製作に参加。実写の大迫力で、連綿と続く「飛行機映画」「空中戦映画」の手本となった作品です。この作品の公開直前、C・リンドバーグによるニューヨーク・パリ間の大西洋単独無着陸飛行が成功し、世界的に航空機熱が高まる中で大ヒットを記録。栄誉ある第1回アカデミー賞の「作品賞」「技術効果賞」を受賞しています。      

映画監督PETER CLAY主催 CLAY’S FILM FESTIVAL 2024 @シアターバッカス

     ▼CFF2024公式サイト▼https://peterclayfilm.wixsite.com/claysfilmfestival

特集:ふし文人「東京シジミ日記202$」(一日限定)

●3/16(土)入場開始:15:05上映スタート:15:20料金:1,500円*舞台挨拶あり ご予約はこちらからhttps://forms.gle/AjSHj4PhMSXoXW3S8

【ロン・チェイニー第2弾】 活弁シネマライブ VOL.2 『ノートルダムのせむし男』

    大好評「活弁サロン」が「活弁シネマライブ」としてリニューアル!1月・2月は「不朽の名作×怪奇俳優ロン・チェイニー」と題して、現代ホラーの源流とも言うべき作品を2ヶ月連続でお届けします。卓越した演技力と特別なメイク技術により、「千の顔を持つ男」と言われたロン・チェイニー。サイレント期からトーキー初期にかけ、恐怖映画のスターとして文字通り一世を風靡しました。『オペラの怪人』『ノートルダムのせむし男』は、その後も繰り返し映画化、舞台化されていますが、彼の演じたオペラ座の怪人エリックと、ノートルダムの鐘つき男カジモドは、「映画史上最もグロテスクで、醜い登場人物」と言われ、後のホラー映画に多大な影響を与えています。

特集上映「高橋栄一ノ世界」@シアターバッカス

「ホゾを咬む」が、3ヶ月連続ロングラン中の高橋栄一監督。高橋栄一ワールドの「これまで」と「これから」を展望する特集上映の開催が決定!テーマごとの短編プログラム、蔵出し作品、そして「カラー版 ホゾを咬む」と、ヴァラエティに富んだラインナップをお楽しみください