SFに萌える—Bacchus Sci-Fi作品特集 vol.2

Bacchus Sci-Fi作品特集、vol.1の再上映に続き、いよいよ vol.2 が登場!
いつか必ずやってくる首都直下大地震への不安を、大胆にSFへと置き換え、せつない兄弟の絆と共に描く「東京彗星」
今は亡き父が作った『物質転移装置』をめぐって奮闘する姉妹の姿をコミカルに描く「スリッパと真夏の月」
人類誕生から人間を見守り続けてきた押し入れ女と、彼女に食事を届ける役割を父から受け継いだ男の物語「押し入れ女の幸福」
第一線で活躍するクリエイターたちが手がけた珠玉の3作品、ご堪能ください!

2020年2月9日(日)〜11日(火・祝)

高円寺シアターバッカス1周年記念特別価格
参加料金:¥1,500-(ワンドリンク付き)


1作品のみご観賞:¥500- プラス ワンドリンク

ご予約(Peatixによる予約*事前支払い)
https://bacchus-sci-fi-vol2.peatix.com/

ご予約(Googleフォームによる予約*当日清算)
https://forms.gle/MmBE5zfW7ArpYpwv7

1作品のみご観賞の場合は、ご希望の日時と作品名をメールでお知らせください(*当日清算)
info@bacchus-tokyo.com

参加作品(順不同)
「押し入れ女の幸福」(29分)監督:大橋隆行
「スリッパと真夏の月」(30分)監督:木場明義
「東京彗星」(30分)監督:洞内広樹

「押し入れ女の幸福」監督:大橋隆行
「スリッパと真夏の月」監督:木場明義
「東京彗星」監督:洞内広樹

Introduction(再録)

かの傑作SFアンソロジー「ミステリー・ゾーン」(The Twilight Zone)は、1950年代のマッカーシズムに端を発する度を過ぎた検閲を逃れるために作られました。
人種差別や核の恐怖、そして衆愚。
のっぴきならない社会問題に切り込んでいくために、ロッド・サーリングやリチャード・マシスン、チャールズ・ボーモントといった作家たちは、SFやファンタジーの力を借りて、彼らなりのクリエイティブワークを進めていったのです。
そう、ハルカカナタの世界にあるSFもあれば、現実の世界にあてがうモノサシとしてのSFもある。
21世紀になって、人間が思い描いていた未来と現実とのズレが大きくなり、人と人との分断が広がっていく。その隙間を埋めようとして、手を出さなくていい領域に科学が飲み込まれ、テクノロジーが「いびつさ」を拡大していく。そんな今の時代にこそ、SFが持つ「センス・オブ・ワンダー」の力=人の想像力/創造力 の復活が求められている、と思えてなりません。
バッカスの「Sci-Fi作品特集」は、在野のクリエイターの短編作品に光を当て、新たな創作活動を促すと同時に、「センス・オブ・ワンダー」復権へのささやかなる一歩を希求して企画いたしました。
己の手が届く範囲が世界のすべてではありません。
皆が共感できるような世界のその先に、「センス・オブ・ワンダー」の光線が当てられる時、停滞した産業としての日本の映画たちがブレイクスルーする光景が展開していくとソウゾウしています。
願わくば、良きクリエイター、良きオーディエンスが集い、一滴の水が流れとなって、長く長く大海へと続くムーヴメントとなっていきますよう。

高円寺シアターバッカス
代表 丸山大悟

タイムテーブル

2月9日(日)14:30〜  MC:タカ
14:30「押し入れ女の幸福」(29分)監督:大橋隆行
15:10「スリッパと真夏の月」(30分)監督:木場明義
15:50「東京彗星」(30分)監督:洞内広樹

2月9日(日)19:45〜 MC:タカ
19:45「東京彗星」(30分)監督:洞内広樹
20:25「押し入れ女の幸福」(29分)監督:大橋隆行
21:05「スリッパと真夏の月」(30分)監督:木場明義

2月10日(月)20:00〜 MC:タカ
20:00「スリッパと真夏の月」(30分)監督:木場明義
20:40「東京彗星」(30分)監督:洞内広樹
21:20「押し入れ女の幸福」(29分)監督:大橋隆行

2月11日(火・祝)14:30〜  MC:タカ
14:30「東京彗星」(30分)監督:洞内広樹
15:10「押し入れ女の幸福」(29分)監督:大橋隆行
15:50「スリッパと真夏の月」(30分)監督:木場明義

2月11日(火・祝)18:30〜 MC:タカ
18:30「押し入れ女の幸福」(29分)監督:大橋隆行
19:10「スリッパと真夏の月」(30分)監督:木場明義
19:50「東京彗星」(30分)監督:洞内広樹

ご予約(Peatixによる予約*事前支払い)
https://bacchus-sci-fi-vol2.peatix.com/

ご予約(Googleフォームによる予約*当日清算)
https://forms.gle/MmBE5zfW7ArpYpwv7

1作品のみご観賞の場合は、ご希望の日時と作品名をメールでお知らせください(*当日清算)
info@bacchus-tokyo.com

Latest Posts

日本バカ映画の巨匠!河崎実監督闇鍋映像大会inシアターバッカス

2020年、劇場映画が「ロバマン」「三大怪獣グルメ」「メグ・ライオン」と三本も公開される日本バカ映画の巨匠・河崎実監督が、闇鍋的レア映像を観て、どうかしているトークを繰り広げる超ディープ上映会です!これを逃すと今世紀は見れない!決して見たことは他人に言わないでください!すべて忘れるんだ!! 3/20(金・祝)...

 最新作「Hakoniwa」製作キックオフ企画!『若松宏樹のすべて(今のところ)』

3/8(日)14:00/18:00作品上映&トークショー入場料:¥1,000+ワンドリンクオーダー(¥500/¥300)20:30ちょっとアメリカンな「Hakoniwa」キックオフパーティ!参加費:¥1,500(乾杯+2ドリンク+軽食付き) 注目の新鋭・若松宏樹監督のすべて(今のところ)を1日に凝縮!アメリカ時代の作品上映と、詳細な解説&トークをお届けします。そしていよいよ日本で製作される最新作「Hakoniwa」のキックオフパーティを開催!若松監督を中心に上映終了後のバッカスにて、アメリカンなパーティをお楽しみください!パーティのみの参加ももちろんOK!!

女性に楽しんでほしい!「スター俳優の黄金ボディに魅せられる」“美筋”映画祭!!

映画ライター新谷里映が贈る、女性に楽しんでほしい(もちろん男性もウェルカム!)特集上映第1弾、今回はマッチョ祭り!「“美筋”映画祭」と題して、美しきスター俳優の黄金ボディに圧倒される映画をセレクト。作品自体の面白さはもちろん、俳優たちのまぶしい筋肉美に釘付けです!女性も男性も、ターザンボディ&レオニダスボディに心奪われる2日間! 『“美筋”映画祭』参加料金:2000円...

チンギス・ハーン国際映画祭presents「早春のモンゴル映画特集」

2/16(日)14:00/19:00 チンギス・ハーン国際映画祭主宰・セルグレン監督の新作がいよいよ始動!バッカスでは、日本とモンゴルを股に掛けて活躍中のセルグレン監督作と、チンギス・ハーン国際映画祭セレクションの珠玉のモンゴル映画を上映!併せて、セルグレン監督による、トークイベントを開催いたします。遥かなる大陸の光と風を感じる早春の上映会、高円寺から大陸の皆さんにエールを送りましょう。

2020年 春の『P.S.my life』祭り!

2/22(土), 23(日), 24(月・祝)13:00/15:30/19:00*各回トーク他イベントあり料金:1500円+ワンドリンクオーダー(300円or500円)