SFに萌える—Bacchus Sci-Fi作品特集 vol.2

Bacchus Sci-Fi作品特集、vol.1の再上映に続き、いよいよ vol.2 が登場!
いつか必ずやってくる首都直下大地震への不安を、大胆にSFへと置き換え、せつない兄弟の絆と共に描く「東京彗星」
今は亡き父が作った『物質転移装置』をめぐって奮闘する姉妹の姿をコミカルに描く「スリッパと真夏の月」
人類誕生から人間を見守り続けてきた押し入れ女と、彼女に食事を届ける役割を父から受け継いだ男の物語「押し入れ女の幸福」
第一線で活躍するクリエイターたちが手がけた珠玉の3作品、ご堪能ください!

2020年2月9日(日)〜11日(火・祝)

高円寺シアターバッカス1周年記念特別価格
参加料金:¥1,500-(ワンドリンク付き)


1作品のみご観賞:¥500- プラス ワンドリンク

ご予約(Peatixによる予約*事前支払い)
https://bacchus-sci-fi-vol2.peatix.com/

ご予約(Googleフォームによる予約*当日清算)
https://forms.gle/MmBE5zfW7ArpYpwv7

1作品のみご観賞の場合は、ご希望の日時と作品名をメールでお知らせください(*当日清算)
info@bacchus-tokyo.com

参加作品(順不同)
「押し入れ女の幸福」(29分)監督:大橋隆行
「スリッパと真夏の月」(30分)監督:木場明義
「東京彗星」(30分)監督:洞内広樹

「押し入れ女の幸福」監督:大橋隆行
「スリッパと真夏の月」監督:木場明義
「東京彗星」監督:洞内広樹

Introduction(再録)

かの傑作SFアンソロジー「ミステリー・ゾーン」(The Twilight Zone)は、1950年代のマッカーシズムに端を発する度を過ぎた検閲を逃れるために作られました。
人種差別や核の恐怖、そして衆愚。
のっぴきならない社会問題に切り込んでいくために、ロッド・サーリングやリチャード・マシスン、チャールズ・ボーモントといった作家たちは、SFやファンタジーの力を借りて、彼らなりのクリエイティブワークを進めていったのです。
そう、ハルカカナタの世界にあるSFもあれば、現実の世界にあてがうモノサシとしてのSFもある。
21世紀になって、人間が思い描いていた未来と現実とのズレが大きくなり、人と人との分断が広がっていく。その隙間を埋めようとして、手を出さなくていい領域に科学が飲み込まれ、テクノロジーが「いびつさ」を拡大していく。そんな今の時代にこそ、SFが持つ「センス・オブ・ワンダー」の力=人の想像力/創造力 の復活が求められている、と思えてなりません。
バッカスの「Sci-Fi作品特集」は、在野のクリエイターの短編作品に光を当て、新たな創作活動を促すと同時に、「センス・オブ・ワンダー」復権へのささやかなる一歩を希求して企画いたしました。
己の手が届く範囲が世界のすべてではありません。
皆が共感できるような世界のその先に、「センス・オブ・ワンダー」の光線が当てられる時、停滞した産業としての日本の映画たちがブレイクスルーする光景が展開していくとソウゾウしています。
願わくば、良きクリエイター、良きオーディエンスが集い、一滴の水が流れとなって、長く長く大海へと続くムーヴメントとなっていきますよう。

高円寺シアターバッカス
代表 丸山大悟

タイムテーブル

2月9日(日)14:30〜  MC:タカ
14:30「押し入れ女の幸福」(29分)監督:大橋隆行
15:10「スリッパと真夏の月」(30分)監督:木場明義
15:50「東京彗星」(30分)監督:洞内広樹

2月9日(日)19:45〜 MC:タカ
19:45「東京彗星」(30分)監督:洞内広樹
20:25「押し入れ女の幸福」(29分)監督:大橋隆行
21:05「スリッパと真夏の月」(30分)監督:木場明義

2月10日(月)20:00〜 MC:タカ
20:00「スリッパと真夏の月」(30分)監督:木場明義
20:40「東京彗星」(30分)監督:洞内広樹
21:20「押し入れ女の幸福」(29分)監督:大橋隆行

2月11日(火・祝)14:30〜  MC:タカ
14:30「東京彗星」(30分)監督:洞内広樹
15:10「押し入れ女の幸福」(29分)監督:大橋隆行
15:50「スリッパと真夏の月」(30分)監督:木場明義

2月11日(火・祝)18:30〜 MC:タカ
18:30「押し入れ女の幸福」(29分)監督:大橋隆行
19:10「スリッパと真夏の月」(30分)監督:木場明義
19:50「東京彗星」(30分)監督:洞内広樹

ご予約(Peatixによる予約*事前支払い)
https://bacchus-sci-fi-vol2.peatix.com/

ご予約(Googleフォームによる予約*当日清算)
https://forms.gle/MmBE5zfW7ArpYpwv7

1作品のみご観賞の場合は、ご希望の日時と作品名をメールでお知らせください(*当日清算)
info@bacchus-tokyo.com

Latest Posts

2作品同時上映会「青の静寂」〜未完成な僕ら〜

昨年2020年3月13日緊急事態宣言の発令によってやむを得ず延期となり1年後ようやく開催する事に至った今上映会、私達制作スタッフやキャスト、協力してくださった皆様の1年越しの思いが詰まった特別なものです。開催出来ることを非常に嬉しく思います。是非お気軽に遊びに来て頂きたいです。皆様にお会い出来るのを楽しみにしております。 作品上映 「静寂とアスクレピオス」小泉雄也監督作品...

特別なGWを!南翔太主演「渋谷行進曲」上映会

南翔太主演・映画「渋谷行進曲」の上映がいよいよスタートします。昨年暮れに行われた渋谷ユーロライブでの1日限りの上映から、4月24日 愛知県西尾市での上映を経て、5月3日〜5日のバッカス、5月8日・9日ザムザ阿佐谷の杉並サーキットと続く行進曲!「もし今夜世界が終わるなら、俺はどうしたい?」 

堂々凱旋!「いつくしみふかき」上映会

コロナ禍の中、慎重に慎重を重ねる中で、全国縦断ロードショーを大成功させた「いつくしみふかき」がバッカスに凱旋!昨年秋に行い、ご好評を頂いた、生オーディオコメンタリー上映も行います。(4/29 17:30 〜)新たな全国展開に向けて、バッカスから出発します!「何度でも鑑賞に耐えうる」骨太のドラマと、渡辺いっけい、遠山雄を中心とした、時に重厚な、時に軽やかな演技陣のパフォーマンス。そして初長編作品となる大山晃一郎監督の伸び伸びとした演出を、バッカスのスクリーンでご堪能ください。

GW第一弾!谷口雄一郎監督最新作「Surface」/「あのこを忘れて」2本立て特別上映!!

「映画創作ワークショップ」によって生み出された、谷口雄一郎監督の最新作2本を2日間限定で特別上映いたします。「Surface」は京都国際映画祭クリエイターズファクトリー入選、日本芸術センター第12回映像グランプリでは例年の優秀賞にあたる糾弾賞を受賞!!「あのこを忘れて」は完成したばかりで、上映は今回が初めて。今後は国内にとどまらず海外の映画祭にも出品予定!!ワークショップによって引き出された谷口監督の新たな一面を、そして丹念に磨かれた俳優の演技を是非ご堪能ください!! 【日時】2021年5月1日(土)、2日(日)...