シネマクラウド「1979年大百科」

過去も現在も未来も愛するシアターバッカスが贈る「愛に溢れるトークライブ」!昭和40年男であるマクラウド・白石知聖が、あらためて40年前のあの頃のトピックを時系列で紹介。エポックが数々生み出された78年から続くあの頃の熱気について語る。79年ものアイテム持ち込み大歓迎!参加料金:1000円+1ドリンクオーダー (予定:約150分)2019年6月23日(日)14:30:開場15:00〜17:30:トークライブ ご予約はこちら↓https://forms.gle/96ZtGeTJWdk3GMAD7

片元亮監督×RMS上映会!ストロボライト+新作短編

https://youtu.be/CFrUZFw4vjc 片元亮監督の劇場デビュー作『ストロボライト』(120分)2日間限定で復活!!! RMSコラボ、新作短編映画も同時上映!(上映後監督を始め関係者のトークショーから、そのまま観客の皆さんとティーチインを行います)

じんのひろあき 高円寺シアターバッカス共同企画 6月14日/15日/16日『ファンレターズ』連続上演

リーディングドラマ『ファンレターズ』は往復書簡朗読劇『ラブレターズ』と言うパルコ劇場でずっとやってるお芝居のスタイルを真似たものです。椅子に座った二人が交互にメールの文面などを読み上げていく。 ただ、本家の『ラブレターズ』と違うところは、男女の組み合わせではなく、女性二人が交互に朗読する、というスタイルであること、そして、もう一つ大きな違いは、舞台上にいる二人のやりとりは交流していないということ、です。 そして、稽古は基本1回のみ。これも『ラブレターズ』のスタイルを踏襲しています。 この戯曲は20年前にじんのひろあきが短編としてまず書いたものを長編化しました。 そして、固有名詞は幾つか書き換えられながらも、内容は非常にダークなものであるにもかかわらず、愛され、上演が続けられてきました。 いや、ダークなものだったから、かもしれません 作・演出 じんのひろあき

シアターバッカス管理者

Latest Posts

再公開決定!『LIFE WORK OF AKIRA KUROSAWA  黒澤明のライフワーク』

黒澤明監督、畢生の大作『乱』幻の第三のメイキングが、38年の時を超えてここに完成した。20代の若者が目の当たりにした、世界のKUROSAWAの実像!『Life work of Akira Kurosawa 黒澤明のライフワーク』没後25周年にあたる2023年2月、再公開決定!

杉並ヒーロー映画祭番外編NEXT HERO 鬼才 田中聡特集

あなたは目撃する これが田中聡だ😁 第7回杉並ヒーロー映画祭「シアターバッカス賞」受賞!戦後日本人だけが気づかない(ふりをしている)チャイルディッシュな世界観を、根底から激しく揺さぶる問題作『ひどくくすんだ赤』を始め、日本の親子の現在地を、驚愕の暴力描写によって暴き出す『うまれる』、加齢と青春のファンタジーの幸福な出会い『そしてたるんだ腹』など、2023年大注目のクリエイター、田中聡のすべて(今のところ!)を凝縮した2日間!刮目して見よ!

バッカス活弁サロンvol.8「ニコニコ大会〜コメディの系譜〜」

約100年前・無声映画の黄金時代。お正月などに開催されて大人気だった「ニコニコ大会」2023年お正月、バッカス活弁サロンの「ニコニコ大会」は、当時の大人気コメディアン、マック・セネットの日本未公開作『強敵』、そして三大喜劇王の一人、ロイド眼鏡でお馴染み、ハロルド・ロイドの代表作『要心無用』で、初笑いをお届けいたします。        

舞台『りさ子のガチ恋♡俳優沼』DVD試写会&トークイベント」

日程:2023年1月24日(火) 会場:高円寺シアターバッカス