あったかもしれない景色〜再び
『ピストルライターの撃ち方』

     

NEWS

EVENT情報

6/11(火)

舞台挨拶:眞田康平監督・奥津裕也さん・中村有さん

6/20(木)

生オーディオコメンタリー上映(特別料金):奥津裕也さん(主演)・宮後マミさん(制作主任)

*登壇者は都合により変更になる場合がございます。何卒ご了承ください。


記念グッズ販売

パンフレット:1,000円
特製台本:800円


*シアター受付にてお取り扱いいたします。

     

公式サイト
https://www.pistoluchikata.com/

      

あったかもしれない景色を描く、社会派群像劇

再び原発事故が起こってしまった地方を舞台に、金と格差と暴力の中で尊厳を踏みにじられ、行き場もなく明日も見えない人々の、そのやり場のない心情と果たされない儚い想いをありありと映し出した群像劇。
実際に原発の隣町で育った眞田康平監督が、ありえたかもしれない未来を通して、人間の愚かさの中に僅かな救いや切なさを描き、居場所を探す全ての人々へ向けてこの映画を完成させた。
主演に、眞田組には欠かせない存在であり、瀬々敬久監督作品をはじめ多数の映画や舞台に出演、自身で劇団「狼少年」を主宰する奥津裕也を迎え、中村有、黒須杏樹の3人を中心に総勢800名近くのオーディションから選ばれた実力派キャストが脇を固めた。
東北・仙台をロケ地として切り取られたこの映画は、地方に住む人々の想いを重ねながら、眞田康平の丁寧で繊細な視線に促され、緩やかに、物語へと沈んでゆく。

     

   

【日時】
6月10日(月)〜13日(木)19:00〜
6月17日(月)〜20日(木)19:00〜

【入場料金】
予約 1,500円
当日 1,800円
6/20(木)生コメンタリー上映 特別料金 2,000円

ご予約はこちらから
https://forms.gle/PQctyAE7h7X37qmM7

    

STORY

   

遠くない未来、地方で再び原発事故が起こった。しかしその隣町では一見変化のない生活が続いている。ピストル型のライターで煙草に火をつける残念なチンピラの達也は、ヤクザの下で立入禁止区域の除染作業員をタコ部屋まで運ぶバンの運転手をしている。そんな達也の下に、刑務所に入っていた親友の諒と出稼ぎ風俗嬢のマリが転がり込んできて、行き場の無い3人の共同生活が始まる。達也はヤクザに取り入って、バラバラになっていく故郷や仲間をなんとか食い止めようと行動するが‥‥

     

GALLERY

Latest Posts

帰ってきた!堂々開催!『NANIKAでるでショー』vol.2

手話と声のコラボレーションライブって、どんなライブ? トークショー?歌謡ショー?お笑いショー? まあ、NANIKA出るでショー

夏への扉を開ける!SF特撮映画セレクト31

ハッピーモンスターズとシアターバッカス主催の上映会は今回も力作ぞろい!バリバリの新作、初登場のフレッシュな監督、実力派監督のSF作品、好評の海外SF短編『外世界X』など充実のラインナップでお送りいたします!

Cinemago×Bacchus インディーズジャンルムービーまつり

ホラー!世紀末!怪獣!Cinemago×Bacchus、今度の悪巧みが始動。僕らの栄養分・ジャンルムービーのおまつり2DAYS!第1日は、通常上映+舞台挨拶第2日は、すべての作品で「生オーディオコメンタリー上映」を実施!