フリッツ・ラング監督
『ニーベルンゲン』二部作
二ヶ月連続活弁上演
活弁シネマライブVOL.5&6

   

巨匠フリッツ・ラング渾身の映画化「ニーベルンゲン」 二部作・連続活弁上演!

ゲルマン民族の間に古くから伝わる一大叙事詩「ニーベルンゲン」を、第一部『ジークフリート』・第二部『クリームヒルトの復讐』として、二年近い歳月をかけて製作。
フリッツ・ラングが「ドクトル・マブゼ」に続き、ハルボウの脚本、優秀なスタッフの協力を得、ドイツ映画史上に輝く見事な詩的映像美を完成させた。
ジークフリート役のパウル・リヒターは、「マブゼ」に続いてのラング作品。彼の百本近い出演作品の中でも、この作品が代表作となった。1925年キネマ旬報ベスト・テン芸術的優秀映画の部第4位・5位。

     

    

上演プログラム

   

第一部『ジークフリート』

2024年
5月23日(木)14:00〜/19:00〜
5月24日(金)14:00〜/19:00〜

料金
一般:3,000円
25歳以下・障がい者手帳をお持ちの方:2,000円

予約フォーム
https://forms.gle/wWpMre99nYuN7DAx7

第二部『クリームヒルトの復讐』

2024年
6月27日(木)14:00〜/19:00〜
6月28日(金)14:00〜/19:00〜

料金
一般:3,000円
25歳以下・障がい者手帳をお持ちの方:2,000円

予約フォーム
https://forms.gle/gG7SiQLyEfcfN9cA6

    

お電話でのお申し込み
03-5364-9785 (高円寺シアターバッカス)

   

『ニーベルンゲン』

   

1924年 独 ウーファ=デクラ=ビオスコープ作品
監督:フリッツ・ラング
脚本:テア・フォン・ハルボウ
撮影:カール・ホフマン、ギュンター・リッタウ
出演:パウル・リヒター/マルガレーテ・シェーン/ハンナ・ラルフ/ゲルトルート・アルノルト

   

第一部『ジークフリート』

若き英雄ジークフリートは、森で退治した竜の血を浴びて不死身の力を得、巨万の宝と魔法の隠れみのを手にする。たどり着いたブルグント王国でグンター王の美しい妹クリームヒルトと恋に落ちるが、王の部下ハーゲンの謀略で…

     

第二部『クリームヒルトの復讐』

クリームヒルトは、夫ジークフリートを殺したハーゲンへの復讐を誓い、二ーベルングの宝を資金に、旧家臣たちと好機を狙う。フン族のアッティラ王とも、復讐の手段として結婚するが…

   

解説:映画評論家・白井佳夫さん

毎回の上演前に、映画評論家・白井佳夫さんによる解説動画(約10分)を上映。
5月24日(金)14:00〜終了後には、ライブによるアフタートークを予定。

*都合により内容が急遽変更になる場合がございます。どうかご了承ください。

白井 佳夫(しらい よしお)映画評論家
1958年早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。キネマ旬報社に入社して編集者として10年在籍、1968-76年『キネマ旬報』編集長を8年半つとめる。
1976年から3年間、東京12チャンネルで「日本映画名作劇場」の解説を担当。
1987年から、映画「無法松の一生」(1943年)の戦前、戦後の二重検閲場面を復元し、各地で公開・講演するパフォーマンスを実施。
2002年から3年間、東京芸術大学で特別講義「日本の古典映画」を行う。
2004年文化庁映画賞受賞

Latest Posts

帰ってきた!堂々開催!『NANIKAでるでショー』vol.2

手話と声のコラボレーションライブって、どんなライブ? トークショー?歌謡ショー?お笑いショー? まあ、NANIKA出るでショー

夏への扉を開ける!SF特撮映画セレクト31

ハッピーモンスターズとシアターバッカス主催の上映会は今回も力作ぞろい!バリバリの新作、初登場のフレッシュな監督、実力派監督のSF作品、好評の海外SF短編『外世界X』など充実のラインナップでお送りいたします!

Cinemago×Bacchus インディーズジャンルムービーまつり

ホラー!世紀末!怪獣!Cinemago×Bacchus、今度の悪巧みが始動。僕らの栄養分・ジャンルムービーのおまつり2DAYS!第1日は、通常上映+舞台挨拶第2日は、すべての作品で「生オーディオコメンタリー上映」を実施!