じんのひろあき 高円寺シアターバッカス共同企画 6月14日/15日/16日『ファンレターズ』連続上演

リーディングドラマ『ファンレターズ』は往復書簡朗読劇『ラブレターズ』と言うパルコ劇場でずっとやってるお芝居のスタイルを真似たものです。椅子に座った二人が交互にメールの文面などを読み上げていく。
ただ、本家の『ラブレターズ』と違うところは、男女の組み合わせではなく、女性二人が交互に朗読する、というスタイルであること、そして、もう一つ大きな違いは、舞台上にいる二人のやりとりは交流していないということ、です。
そして、稽古は基本1回のみ。これも『ラブレターズ』のスタイルを踏襲しています。
この戯曲は20年前にじんのひろあきが短編としてまず書いたものを長編化しました。
そして、固有名詞は幾つか書き換えられながらも、内容は非常にダークなものであるにもかかわらず、愛され、上演が続けられてきました。
いや、ダークなものだったから、かもしれません

作・演出 じんのひろあき

上演情報・予約ページ
https://knives-from-the-lips.jimdofree.com/

Latest Posts

高円寺シアターバッカスpresents「バリフェスCINEMA&CULTURE!」

独自の宗教観に基づくディープカルチャーで世界の人々を魅了し続ける「バリ島」にまつわる映画上映+ライブイベント。イベントの核となるのは、映像作家・仁田美帆氏がバリの伝統影絵芝居「ワヤン・クリッ」の老影絵師を6年間に渡って追い続けたドキュメンタリー『ダランの家』(2018年)の完成披露上映。併せて仁田氏の前作で、伝説的なバリ舞踊家の晩年を描いた『タクスゥ-魂の踊り子-』(2011年)も上映します。また、影絵師/ミュージシャンとして活躍する川村亘平斎氏の影絵パフォーマンス、グンデル・ワヤングループ“パドマ”のガムラン演奏、20世紀初頭のバリ激動史を描いた大作『バリ島物語』を完結させた漫画家さそうあきら氏のトークショー、バリ島をイメージしたエスニックフードなどを通じて、奥深いバリカルチャーの魅力を観客のみなさんと共に楽しむ“お祭り”です! 2019年 9月15日(日) 16日(月/祝日)午前11時〜午後21時(開場午前10:30)

世界が認める監督シリーズ Vol.4 『渋谷悠 監督特集』

高円寺シアターバッカス × BEST SHORT FILMS FES 世界が認める監督シリーズ...

8.24&25【RMSティーチインインイベント!!!】

『宝物の抱きかた』(84分) 俳優・監督 榎本桜の初監督作品(2017)『宝物の抱きかた』(84分)初監督ながらに第32回高崎映画祭【監督たちの現在-進取果敢な人々-】にて特別上映。1週間のレイトショーから始まり、口コミにて延長上映を繰り返し東京で8週間の上映を記録。その後、大阪、名古屋、群馬などにも展開をした作品が初のイベント上映!!! (上映後監督を始め関係者のトークショーから、そのまま観客の皆さんとティーチインを行います)

納涼!ジョン・カーペンター祭り‼︎

夏の終わりにジョン・カーペンター!「ゼイリブ」&「ダーク・スター」を観て、語ろう‼︎「Mシネマ」第0弾! シアターバッカス×ミカタ・エンタテインメント≒Mシネマ!『「情報として知っている」から「劇場で観て、聞いて、考えた」』をコンセプトに、古今の名作、隠れた傑作をチョイスし、クリエイター、オーディエンスの垣根なく、トーク&ディスカッションを楽しむ「Mシネマ」!お試し&お楽しみの第0弾として、鬼才ジョン・カーペンターが登場。夏の夜、ナイト&レイト枠で、傑作SFアクション「ゼイリブ」と、幻のデビュー作「ダーク・スター」をお贈りします。毎回、バッカス支配人:丸山大悟 、トークゲストをナビケーターとして、トークセッションの時間をご用意しています。カーペンターを話のネタに、一家言のある方、この際だから聞いておきたいことのある方、セッションへご参加ください。クールに鑑賞されたい方も、暑く語りたい方も、創作の糧にしたい方も、シアターバッカスへ集合!

GOD FILMS傑作選&最新作プレミア上映会

「執事と殺し屋、その妻と愛人」 バッカスフェスティバル 2019 オープニング作品小暮監督最新作「執事と殺し屋、その妻と愛人」プレミア上映&GOD...