シネトークin高円寺①
~しんや と としお の映画塾〜
 「成人映画と一般映画の
境目は?」

対話空間」シアターバッカスで、ホンモノの映画談義を!
「カントク」の愛称でおなじみの映画監督・山本晋也と
NHK衛星映画劇場三代目支配人・渡辺俊雄を囲む、充実の2時間!

*このイベントは「トークライブ」です。

2022年10月8日(土)
 
14:00~16:00 (開場13:30)

「成人映画と一般映画の境目は? 」

このテーマを語るのに山本晋也カントクほどふさわしい人はいません。渡辺俊雄支配人と共に語ります。
どの監督が一番スケベだったかーー。
キワドイ部分をいかにうまく描くか、が良い監督の条件の一つ?!
近頃、キャスティング権をちらつかせて不埒な振る舞いに及ぶ輩が話題になっていますが、スケベといってもそれらとは似て非なるものだ、とは皆様お判りになるでしょう。秋の三連休初日、高円寺でお待ちしております。

出演:山本晋也 渡辺俊雄

定員24名限定
参加料2000円 *飲み物の持ち込みは自由

お席に限りがございます。
電話かメール、予約フォームにて事前にご予約下さい。

あさぶろ(朝妻秀明)
asazuma.f@nifty.com
090-9384-7562

高円寺シアターバッカス
03-5364-9785
予約フォーム  https://forms.gle/Xv67tVGe24VwUJEF8

      

渡辺俊雄

元衛星映画劇場支配人、映画評論家
1949年東京都生まれ。上智大学英文学科卒業後、大学時代、シェークスピア研究会に所属していた。サークルの後輩に吉田鋼太郎がいる。アナウンサーとしてNHK入局、福島、室蘭、鹿児島、岐阜各局を経て‘88年より東京勤務。ラジオセンター時代に「ラジオ深夜便」創設。その後、アナウンス室副部長を経て、‘98年から「衛星映画劇場支配人」として映画関連番組の編成、制作、解説等を担当。

       

山本晋也

1939年東京、神田生まれ。戦後、GHQ占領下の日本でアメリカ文化に触れ、映画の魅力に目覚める。日本大学芸術学部卒業を経て日本教育テレビ(現:テレビ朝日)に入社。その後、羽仁進監督に弟子入りすると同時に岩波映画に身を移し、監督業へ転向。
代表作は「未亡人下宿シリーズ」。成人映画にコメディの要素を持ち込み、大ヒット。
1964年の東京オリンピックでは市川崑監督作品「東京オリンピック」でカメラアシスタントとして参加している。80年代には、テレビのレポーターとして一躍有名タレントに。ちょび髭、サングラススタイルで活躍。「凄いですね~」「ほとんどビョーキ」などの流行語も生み出す。あだ名は「カントク」。
2014年11月には昭和大学医療チームや作家の曽野綾子氏らと共にマダガスカルへ渡り、現地の様子を取材した。

        

Latest Posts

バッカス活弁サロンvol.4競演!三大喜劇王〜映画基礎教養講座〜

バッカス活弁サロンvol.4は、文字通りの映画基礎教養講座を開講!チャップリン、キートン、ロイドの「三大喜劇王」の作品を一堂に会する特集上映です。元キネマ旬報編集長/映画評論家・白井佳夫さんのレクチャートーク、そして喜劇映画研究会代表・新野敏也さんとのライブトークを予定!活弁士・佐々木亜希子&砂川和子、楽士・永田雅代が、100年前の熱気を再現します。     プログラム

映画『シャーマンの娘』公開記念! 井坂優介特集上映会「等活少女地獄」

初長編作品『シャーマンの娘』が11月19日(土)より池袋シネマ・ロサにて公開を控える井坂優介監督。公開を記念して、過去の短編9作品を一挙上映!アフタートークと物販も行います。      

「バッカス講談」2022年秋の公演・全三十七席

詳しい情報・ご予約はhttps://6323b9a2825ce.site123.me/

沿線カルチャーの力を!「C-LINE FILM FESTIVAL」始動!!

「文化の力」を信じる人たちが自然と集まる、中央線沿線。 そこに住む人たち、営まれる生活、喜怒哀楽、人間模様、そして夢。C-LINEとはCENTER LINECALTURE LINE そしてCREATIVE LINE 無限のポテンシャルを披露する新しい企画が、この秋、起動します。*「高円寺フェス2022」参加企画

シネトークin高円寺①~しんや と としお の映画塾〜 「成人映画と一般映画の境目は?」

「対話空間」シアターバッカスで、ホンモノの映画談義を!「カントク」の愛称でおなじみの映画監督・山本晋也とNHK衛星映画劇場三代目支配人・渡辺俊雄を囲む、充実の2時間! *このイベントは「トークライブ」です。