みんなで見ようぜ!
『ファーストミッション』
高円寺シアターバッカス
〜純情編〜
5週連続イベント上映!!

『ファーストミッション』
高円寺シアターバッカス〜純情編〜

8/28(日)を皮切りに、9月の毎週日曜は高円寺シアターバッカスを『ファーストミッション』が占拠します!様々な上映イベントも目論み中!
子供料金&1日見放題券など、高円寺シアターバッカスならではのスタイルでお送りします。

NEWS

続々決定!登壇者&上映イベント!(2022/8/17現在)
 8/28(日)17:30〜
  トークセッション
  HAYATE総監督/中山剛平監督/
  松本大樹監督(『極道系Vチューバ—達磨』監督)
 9月4日(日)19:00
  「夜更けほろ酔いラジオ」コラボ 生トーク上映
  HAYATE総監督/中山剛平監督
 9月11日(日)17:00〜
  上映後、舞台挨拶
  小玉百夏(主演)/川口貴弘P
 9月18日(日)13:00〜
  生副音声上映
  活弁士・檀鼓太郎さん

 9月25日(日)19:00〜
  乾杯&コメンタリー上映
  HAYATE総監督/川口貴弘P

インフォメーション

5週連続イベント上映!
 8月28日(日)17:30〜「達磨の乱」
 9月4日(日) 11:00/13:00/15:00/17:00/19:00
 9月11日(日)11:00/13:00/15:00/17:00/19:00
 9月18日(日)11:00/13:00/15:00/17:00/19:00

 9月19日(月・祝)11:00/13:00/15:00/17:00/19:00
 9月25日(日)11:00/13:00/15:00/17:00/19:00

入場料
(上映一回)
大人 ¥1,200-/子供(中学生以下)*自己申告制 ¥500-
*リピーター割引 大人一回 ¥1,000-

(一日見放題
¥1,800-(一律)

ご予約はこちらから
https://forms.gle/ZzcyNwuhK5u1jx5V7

作品紹介

Introduction
2019 年の暮れから新型コロナウィルスが猛威を振るい、世界は一変。映画をはじめとするエンタメ産業は「不要不急」と位置付けられ、誰もが活動の自粛を強いられることとなった。社会では「新しい生活様式」が掲げられ、人々の対話の機会は減る一方。テレビでもネットでも暗いニュースは後を絶たない。
そんな時代の閉塞感をエンターテインメントの力で打ち破ろうという試みが、このアクション映画『ファーストミッション』だ。巨悪に立ち向かうヒーロー兄妹の奮闘を通して、誰しもが直面する“困難への挑戦”と、“人を想う気持ちの大切さ”を描いている。
本作の企画を立案し、総監督を務めたのはHAYATE。映画『KARATE KILL/カラテ・キル』(2016年)やNetflix配信の『エイジ・オブ・サムライ:天下統一への戦い』(2021年)などの代表作を持つ国際的なアクション俳優であり、映画、テレビ、舞台にと数多くの作品でアクション監督/コーディネーターを務める存在だ。彼の「エンタメの力で世の中に活力を!」という想いがアクション映画として結実した。
また、かねてよりHAYATEと交流のあった「脳卒中フェスティバル」代表の小林純也が参画。脳卒中サバイバーであり、理学療法士として活動する小林とともに、企画の立ち上げから資金集めまでのすべてを0からスタートさせた。
キャストの参加資格は不問。彼ら二人の狙いは、多くの人々が映画作りを通して「初めて」にチャレンジすることを応援し、可能性は無限大であると証明することなのだ。そして撮影までの半年間、演技とアクションのレッスンをプロの講師が行った。

主人公の兄妹を演じているのは、HAYATE と小玉百夏だ。アクションからドラマ作品まで柔軟に適応してみせる小玉は本作でも難易度の高いアクションを見事にこなし、軽やかなパルクールで魅せるHAYATEとともに作品の看板を背負っている。この二人による愛らしい兄妹の掛け合いも見どころの一つ。
さらに、多くの俳優に演技指導を行ってきた津枝新平や、『MAD CATS』の公開にも期待が高まる絢寧、“空手家”の顔を持つ長野じゅりあ、若くして日本のアクション界を支える伊澤彩織らが出演。共同企画者の小林や、“車椅子インフルエンサー”の中嶋涼子も参戦している。

そんな本作を技術面で支えたのが、日本のエンタメ界の第一線に立つスタッフ陣だ。『ウルトラマンクロニクル』シリーズなどの演出を手がける中山剛平が脚本協力とアクティング監督を務め、ユーモラスなシーンの創出に貢献。
放送中の『鎌倉殿の13人』(NHK総合)や『曇天に笑う』(2018年)の神田創が撮影を担当し、臨場感あふれる映像を生み出した。
照明は2021年公開の『はるヲうるひと』『私はいったい、何と闘っているのか』でも神田とタッグを組んだ丸山和志が務め、録音は日本映画史において事件となった『カメラを止めるな!』(2017 年)の共謀者である古茂田耕吉が担当。
さらに、『映画刀剣乱舞』(2019年)や、映画館でお馴染みのCM『NO MORE 映画泥棒』の雲雀大輔がアクション監督として参加している。

また本作には、キャスト・スタッフとして複数のサバイバーが参加しているが、障がいそのものに焦点を当てるのではなく、映画制作の随所で個々の個性として活きることとなった。コロナ禍により活動制限を余儀なくされ、廃用症候群などの問題も生じていた人々との共闘により、船橋の地で『ファーストミッション』は誕生したのだ。
皮肉にも撮影期間に緊急事態宣言が発令されるというカウンターパンチを食らったものの、座組が一丸となって短期間で撮り切る奇跡を起こした。世界的に欠如した“対話”を取り戻し、“困難への挑戦”と“人を想う気持ちの大切さ”を描いた痛快なアクション映画が、いま解き放たれる──。

Story
古の時代から千葉・船橋の地を守ってきた廣瀬一族。
その末裔である兄妹の両親は早くに他界し、兄(HAYATE)は妹(小玉百夏)を大切に育て、二人で稽古に励んでいた。
そんなある日、悪の組織「コロナ」が出現。バイオテロ計画で船橋の平和が脅かされることになる。ここはヒーローである廣瀬兄妹の出番。ところが、兄は深傷を負ったことによって任務に向かうことができず、妹は未だに任務に出たことがない。
諦めかけたそのとき……最愛の妹が立ち上がり、任務遂行を兄に誓う!
たった一人での無謀にも思える「ファーストミッション」。果たして、船橋の平和を守ることはできるのか!?
大切なものを守るため! 強敵集団をぶっとばせ! ヒーローはすぐそばに!!

2022年製作/82分/日本/Ⓒ2022 疾風企画/ファーストミッション実行委員会

総監督 HAYATE
脚本 HAYATE
アクティング監督 中山剛平
アクション監督 雲雀大輔
撮影 神田創
照明 丸山和志
録音 古茂田耕吉
美術・メイク・衣装 鈴木貴代
音楽 原夕輝
編集 中山剛平 神田創 雲雀大輔 HAYATE
企画 HAYATE 小林純也(脳卒中フェスティバル)

出演者
小玉百夏/ハヤテ
津枝しんぺい/長野じゅりあ
小林純也/中嶋涼子/川口貴弘/関田安明/伊澤彩織/絢寧

高円寺でお会いしましょう!

Latest Posts

バッカス活弁サロンvol.4競演!三大喜劇王〜映画基礎教養講座〜

バッカス活弁サロンvol.4は、文字通りの映画基礎教養講座を開講!チャップリン、キートン、ロイドの「三大喜劇王」の作品を一堂に会する特集上映です。元キネマ旬報編集長/映画評論家・白井佳夫さんのレクチャートーク、そして喜劇映画研究会代表・新野敏也さんとのライブトークを予定!活弁士・佐々木亜希子&砂川和子、楽士・永田雅代が、100年前の熱気を再現します。     プログラム

映画『シャーマンの娘』公開記念! 井坂優介特集上映会「等活少女地獄」

初長編作品『シャーマンの娘』が11月19日(土)より池袋シネマ・ロサにて公開を控える井坂優介監督。公開を記念して、過去の短編9作品を一挙上映!アフタートークと物販も行います。      

「バッカス講談」2022年秋の公演・全三十七席

詳しい情報・ご予約はhttps://6323b9a2825ce.site123.me/

沿線カルチャーの力を!「C-LINE FILM FESTIVAL」始動!!

「文化の力」を信じる人たちが自然と集まる、中央線沿線。 そこに住む人たち、営まれる生活、喜怒哀楽、人間模様、そして夢。C-LINEとはCENTER LINECALTURE LINE そしてCREATIVE LINE 無限のポテンシャルを披露する新しい企画が、この秋、起動します。*「高円寺フェス2022」参加企画

シネトークin高円寺①~しんや と としお の映画塾〜 「成人映画と一般映画の境目は?」

「対話空間」シアターバッカスで、ホンモノの映画談義を!「カントク」の愛称でおなじみの映画監督・山本晋也とNHK衛星映画劇場三代目支配人・渡辺俊雄を囲む、充実の2時間! *このイベントは「トークライブ」です。