「酒神乃一門」大地に立つ!
バッカス講談2022年が始動!

忘れ難き2021年、「バッカナール東京-酒神文化祭2021-」の混沌の中で誕生した「バッカス講談」
家元・じんのひろあきを中心に、精鋭の講釈師が続々と集い始め、その名も「酒神乃一門」が産声を上げました。
新作講談を「観る」「聴く」から「学ぶ」「演じる」まで、全ての人に門戸を開く「酒神乃一門」の2022年がいよいよ始動します!
      

2022年、第一回の口演は…

『トラック野郎風雲録』

著・鈴木則文
国書刊行会 刊 
第一席『雪の下北・はぐれ鳥』
第二席『星桃次郎の湖底の故郷』
第三席『義理と人情のこの世界』
第四席『トラック野郎のスターたち』
第五席『トラック野郎の裏方たち』
第六席『故郷喪失者の挽歌』
全六席
       

日時:2022年1月14日(金)19:30〜
会場:高円寺シアターバッカス
講釈師:酒神乃青木清四郎

木戸銭:2,000円
ご予約はこちらから↓
https://bacchuskoudan.jimdosite.com/?fbclid=IwAR0apRV5mcWTbqsvzWtMUy4aAsywGXS8W8xs4wKc_Tmishe6Z_D5qEvQb0Y

酒神乃青木清四郎
     

酒神乃家元 じんのひろあき

1984年に映画監督・押井守の元に押しかけ
実写映画『紅い眼鏡』の美術を担当し映画デビューを果たす。
ディレクターズカンパニーシナリオコンクールにて、石井聰亙(現・岳龍)監督に推されて入選。
金子修介監督作・ロマンポルノ『ラストキャバレー』で脚本家デビュー。
26歳で亀有映画祭脚本賞受賞。
市川準、廣木隆一、黒沢清、石井聰亙監督らに脚本を提供。
吉田秋生原作、中原俊監督作『櫻の園』の脚本にて
キネマ旬報脚本賞、日本アカデミー賞優秀脚本賞、ヨコハマ映画祭脚本賞受賞。
岸田戯曲賞二度ノミネート。
週刊ビックコミックスピリッツにて漫画『ラブレター』の原作担当。
コミックス4巻10万部発売。
セガドリームキャスト『シェンムー』モーションキャプチャリングディレクター。
東北新社アニメ企画大賞大賞受賞。
他、タカラの『リカちゃん』『ガチャピン』『忍たま乱太郎』の脚本なども手がける。
2021年、コロナ禍において、突如、講談を始め家元を名乗る。

木戸銭:2,000円
ご予約はこちらから↓
https://bacchuskoudan.jimdosite.com/?fbclid=IwAR0apRV5mcWTbqsvzWtMUy4aAsywGXS8W8xs4wKc_Tmishe6Z_D5qEvQb0Y

Latest Posts

冬の中編・短編特集2022@シアターバッカス

Information 12/13(火)18:00〜12/15(木)18:00〜12/16(金)18:00〜入場料:¥1,700(ワンドリンク込み/1日)ご予約はこちらからhttps://forms.gle/QaKiwdszv3bkZMqa9

Steven J Martin 監督作品 『Unplayed Lullaby』@シアターバッカス

2021年8月、小さな二人芝居の舞台として上演された「Unplayed...

太田信吾監督短編作品集@バッカス

12月13日(火)13:00~12月15日(水)13:00~12月16日(木)13:00~ 『エディブル・リバー』(20min/Documentary)

特集:加藤綾佳 監督・脚本 最新作『この恋は終わってる』公開!

4日間の出張で6年ぶりに東京に訪れた、食品容器メーカーで働くサラリーマンの春。現在は石川で働いているものの、6年前までは東京に住んでいた。そんな彼が仕事帰りに何気なく当時通っていた居酒屋に入り過去を思い返していると、ふとした出来事をきっかけに元カノ・琴ちゃんと再会することに−加藤綾佳監督・脚本ならではの手触りで描く、オトコとオンナのストーリー。 併映:『オードリーによろしく』監督・脚本 加藤綾佳