「酒神乃一門」大地に立つ!
バッカス講談2022年が始動!

忘れ難き2021年、「バッカナール東京-酒神文化祭2021-」の混沌の中で誕生した「バッカス講談」
家元・じんのひろあきを中心に、精鋭の講釈師が続々と集い始め、その名も「酒神乃一門」が産声を上げました。
新作講談を「観る」「聴く」から「学ぶ」「演じる」まで、全ての人に門戸を開く「酒神乃一門」の2022年がいよいよ始動します!
      

2022年、第一回の口演は…

『トラック野郎風雲録』

著・鈴木則文
国書刊行会 刊 
第一席『雪の下北・はぐれ鳥』
第二席『星桃次郎の湖底の故郷』
第三席『義理と人情のこの世界』
第四席『トラック野郎のスターたち』
第五席『トラック野郎の裏方たち』
第六席『故郷喪失者の挽歌』
全六席
       

日時:2022年1月14日(金)19:30〜
会場:高円寺シアターバッカス
講釈師:酒神乃青木清四郎

木戸銭:2,000円
ご予約はこちらから↓
https://bacchuskoudan.jimdosite.com/?fbclid=IwAR0apRV5mcWTbqsvzWtMUy4aAsywGXS8W8xs4wKc_Tmishe6Z_D5qEvQb0Y

酒神乃青木清四郎
     

酒神乃家元 じんのひろあき

1984年に映画監督・押井守の元に押しかけ
実写映画『紅い眼鏡』の美術を担当し映画デビューを果たす。
ディレクターズカンパニーシナリオコンクールにて、石井聰亙(現・岳龍)監督に推されて入選。
金子修介監督作・ロマンポルノ『ラストキャバレー』で脚本家デビュー。
26歳で亀有映画祭脚本賞受賞。
市川準、廣木隆一、黒沢清、石井聰亙監督らに脚本を提供。
吉田秋生原作、中原俊監督作『櫻の園』の脚本にて
キネマ旬報脚本賞、日本アカデミー賞優秀脚本賞、ヨコハマ映画祭脚本賞受賞。
岸田戯曲賞二度ノミネート。
週刊ビックコミックスピリッツにて漫画『ラブレター』の原作担当。
コミックス4巻10万部発売。
セガドリームキャスト『シェンムー』モーションキャプチャリングディレクター。
東北新社アニメ企画大賞大賞受賞。
他、タカラの『リカちゃん』『ガチャピン』『忍たま乱太郎』の脚本なども手がける。
2021年、コロナ禍において、突如、講談を始め家元を名乗る。

木戸銭:2,000円
ご予約はこちらから↓
https://bacchuskoudan.jimdosite.com/?fbclid=IwAR0apRV5mcWTbqsvzWtMUy4aAsywGXS8W8xs4wKc_Tmishe6Z_D5qEvQb0Y

Latest Posts

「日本学生映画祭」プログラムL~あやつり糸の世界から抜け出せ!&映画に愛をこめて~

5/22(日)19:55開場/20:10上映開始 ~あやつり糸の世界から抜け出せ!~

「日本学生映画祭」プログラムK~薛大勇と松本桂の小作品~

5/22(日)18:15開場/18:30上映開始 ~薛大勇と松本桂の小作品~

「日本学生映画祭」プログラムJ~東京大学映画制作スピカ1895~

5/22(日)16:15開場/16:30上映開始 ~東京大学映画制作スピカ1895~