第7回南房総さざなみ復活祭!!!!!

バッカスにとっても大恩ある「さざなみ」の皆さんが帰ってきた!幾多の艱難辛苦を乗り越えて「第7回南房総さざなみ復活祭」を開催!!
「ある視点による特集上映」と題して、エッジの効いた5作品と濃密なトーク他、いつもの感じを高円寺の南房総・バッカスでリビルドします!

2021年11月27日(土)14:00〜

会場:南房総高円寺シアターバッカス

14:00 開場
~ある視点による特集上映~
14:20 『走れ\よ/メロス』ロストver 19分-2018年
(休憩)
14:50『ドラゴン危機一髪Retribution』20分-2017年
(休憩)
15:25『老人とウニ』ロストver 20分-2015年

(麻衣阿と遊ぼう 踏みチェキ イチ踏み2000円)

16:00『夢の埃』8分-2014年
(休憩)
16:20『なんで僕だけ』 23分-2014年
(準備)
16:50 トーク『南房総さざなみ映画祭をふりかえって』
   ①多田昌平監督②赤松桜監督③カンバラ・トモアキ監督
   ④麻衣阿P⑤清水一成P

チケット情報

参加料:2000円/人!

ご予約は
https://forms.gle/pyaWrwks7C6yskTr5

      

上映作品紹介

『走れ\よ/メロス』LOST.ver

監督:チャールズ尾澤(ちゃーるずおざわ)
プロデューサー:デーブ 清水(でーぶしみず)
出演:蒲原友明・佐藤ザンス・吉澤瑛里
上映時間:18分20秒
製作年:2018年8月
主なロケ地:南房総市

作品紹介:
昨年の前編をパイロット版として協賛を求め、後編はその協賛より自主映画ロケ弁編としてスタート(PG12)

      

『ドラゴン危機一髪Retribution』

監督:カンバラトモアキ
プロデューサー:蒲原友明 (かんばら ともあき)
主演:カンバラトモアキ
上映時間:20分3秒
製作年:2017年5月
主なロケ地:千葉県鋸南町

作品紹介:
長きにわたるブルース・リーへの想いを、最高のスタッフに支えられ遂に完成したオマージュ的アクション作品

作品あらすじ:
元組織犯罪対策課の刑事・神崎は、当時追っていた麻薬密売組織リーダー・小原を追い詰めるのだが、神崎の妻・香が事件に巻き込まれて殺されてしまう。刑事を辞め、同僚達を上手くかわし復讐しようとするのだが・・・。

      

『老人とウニ』LOST.ver

監督:尾澤修
プロデューサー:清水一成
編集:チャールズ尾澤
主演:明季・尾澤柳・ 本田剛司・蒲原友明・佐藤ザンス・ 宮本真友美・星野佳世・ 鶴田雄大・高木悠衣・佐々木スミコ きょなピカ実行委員会の皆さん
上映時間:16分00秒
製作年:2015年8月
主なロケ地:南房総市

作品紹介:
結果的には介護当事者に観ていただければ、刺激になっていただければと制作いたしました。

作品あらすじ:
ここは老人の町。介護士を奪い合う社会福祉法人A社とB社。介護士ブローカーの出現によって介護士たちが行方不明になる。仕組まれた介護士奪還作戦に老人となった伝説のダブルハンド(八代木霊65歳要介護一)が介護士売買の危機の中、対立する二社を掃討するが、未明の介護士(磨西この子28歳)によってそれぞれの運命が大きく変わっていき・・・・

      

『夢の埃』

監督・プロデューサー:赤松桜
主演:赤松 すみれ
上映時間:7分22秒
製作年:2013年
ロケ地:千葉県千葉市

作品紹介:
今の時代、短期間でも引き蘢って寝てばかりいた経験がある人は多いのではないでしょうか?
連鎖する顔は、繰り返す怯えや不安・迷い。
現実とは夢主体ではなく、むしろ夢から出た埃みたいなものかとぼんやりと気付いていく主人公。
受け入れ難い現実を、夢の埃としてファンタジックに具象化。
あなたの傍にも夢の埃がたまっていませんか?
それを受け入れ、さらにそれからどうするかはあなた次第…。
“赤松桜”と架空の双子の妹“赤松すみれ”が、2人きりで構想・撮影した完全プライベートムービー。

作品あらすじ:
部屋に引き蘢る女性。
眠っては夢を見、夢の埃がたまっていく。
朝が来て、雨が降り、いつの間にか止んで繰り返す日々。
連鎖する不安・不穏。サイレンは幻聴か現実か?
現実を受け入れようと思ったその瞬間、誰かが訪れる…。
彼女は一歩踏み出せるのか、それとも?
引きこもる日々と夢の埃が織りなすメランコリック・ファンタジー。

   

『なんで僕だけ』

監督・プロデューサー:多田昌平
主演:佐藤滉太
上映時間:22分40秒
製作年:2014年
主なロケ地:東京都調布市

作品紹介:
結果的には介護当事者に観ていただければ、刺激になっていただければと制作いたしました。好きな友達とあまり好きではない友達。些細なきっかけで、くっついたり離れたり…子供たちの微妙な関係を描いた作品。

作品あらすじ:
小学4年生で問題児の竜司と、同じクラスのシュン・サルマン・コウタ。
4人は一緒に下校する仲だが、竜司と3人には微妙な距離があった…。

・札幌国際短編映画祭 ナショナル部門グランプリ
・西東京映画祭 最優秀作品賞/西東京市議会議長賞(演技者賞) W受賞
・福岡インディペンデント映画祭 子役賞
・下北沢映画祭ノミネート 他

ご予約は
https://forms.gle/pyaWrwks7C6yskTr5

   

トーク『南房総さざなみ映画祭をふりかえって』

多田昌平

2003年より、映像ディレクターとしてキャリアをスタート 企業映像(VP)を中心に、CM、音楽PV、短編映画などを制作。

『 煩頭(ぼんず)』
・ショートショートフィルムフェスティバル ジャパン部門
・ロッテルダム国際映画祭 スペクトラム部門
・ドイツニッポンコネクション選出 他
『 トゥルボウ 』
・ショートショートフィルムフェスティバル ジャパン部門 ベストアクター賞
・SkipシティDシネマ映画祭 奨励賞
・水戸短編映像祭 グランプリ
・高雄国際映画祭(台湾)優秀賞
・LA Eiga Fest 他

   

赤松 桜

横浜生まれ。17才の頃に突如イメージやセリフ・音楽が湧き溢れ、2〜3年間で55のストーリの企画やシーンがたまる。これを表現するには映画だと思い立つが諸事情で映画とは無縁の時代を17年間過ごし、歯科医師をしながら映画制作を模索する。
2009年、イメージフォーラム附属映像研究所にて映像におけるイメージの根源を学び、翌年ニューシネマワークショップ(ncw)クリエーターコースにてドラマを学ぶ。
現在はncw制作部にて、ストーリーを頭で『理解する映画』でなく、見る度に感じ方が深まる『感じる映画』を独特の世界観で制作し続けている。

      

カンバラトモアキ

1997年映画「Give me a shake レディースMAX」で映画デビュー。その後も役者を続けるが、得意のアクションが活かされないまま、時だけが過ぎていく。
そんな中、当時所属していた事務所にアクションの講師として来ていた殺陣師・柴崎滋先生と出会う。
柴崎先生の縁で、南房総さざなみ映画祭関係者と知り合い、2017年に遂に念願の、監督・主演「ドラゴン危機一髪Retribution」製作。
現在はガッキーロスの傷を癒やしつつ、第二弾映画を準備中。

      

麻衣阿

7歳からオペラ公演に参加、高校時代からモデル活動を通して番組や雑誌、劇場公開映画などの外部キャスティング協力に携わる。数々の事務所所属を経て独立。
役者・モデルとして⼤河ドラマやCM、映画、舞台に出演しつつ、ヒット舞台やイベントの主催を80以上⼿掛けるプロデューサーアイドル「プロドル」として注⽬。
これまでに渋⾕クロスFM、マシェリバラエティー他で番組を運営、渋谷区・神泉にてギャラリースペースを経営していた。
初代ミスはちみつクイーングランプリ受賞はじめ多くの称号を獲得。
メンタルヘルススペシャリストをはじめ複数の資格を所持。最大手ソーシャルゲーム会社でのシナリオライターを経てフリーライターとして活動。イメージビデオや写真集の企画・制作・監修・出版。舞台演出家。自称、全米が泣く美人プロデューサーアイドル。

      

清水一成

東京都出身。高校卒業後広告代理店勤務後、 家業で千葉県鋸南町へ越す。
鋸南町まちづくり支援事業、 南房総まちづくり支援事業にて、尾澤修と「きょなんまちピッカピカッ計画実行委員会」「南房総フィルムロケッ人」を設立。
現在は動画・スチールなどの撮影支援他、「南房総さざなみ映画祭」を運営。
趣味は旅行とドライブ。

ご予約は
https://forms.gle/pyaWrwks7C6yskTr5

Latest Posts

SHU KAGEYAMA PRESENTS 福島拓哉監督作品『C』特別上映

デビュー20周年を迎えた福島拓哉監督の最新長編ドキュメンタリー『C』を一夜限りの特別上映!先着順で(オンライン)予約された方のみ鑑賞可能な、貴重な上映となります。上映後にはここでしか聞けないトークイベントも開催! 2021年12月17日(金)①開場16:45 開演17:00 終演19:00②開場19:15 開演19:30 終演21:30...

特撮感謝の日!特撮三昧の日! 「爆映展・バーストムービーギグ2021〜All About TAC MIYAMOTO〜」

1980年代、8mm時代から特撮一筋の巨人・宮本拓監督、その特集上映を開催します!代表作「ヴィジュアル・バンディッツ」三部作と、原点である「目覚めよと呼ぶ声あり」を上映。各作品のメイキング、ゲストによる作品分析、監督自身による特撮セミナーと特撮三昧の一日になりますよ。 主催:HAPPY...

「小林監督作品を見まくって、 監督をギネスに載せよう」小林悟レトロスペクティブ!

ピンク映画の創世記からメガホンを取り続け、実に450本以上もの作品を残した映画監督・小林悟。 日本における、35ミリを使った劇場映画の監督本数としては史上最多であり、 海外でもこれを超える記録は確認されていない。没後20年、小林悟監督作品・関連作品を改めて鑑賞し、偉大なる監督の足跡を偲ぶ回顧上映。