SFに浸る—Bacchus Sci-Fi作品特集

2019年12月6日(金)〜8日(日)

参加料金:¥1,800-(ワンドリンク付き)

ご予約(Peatixによる予約*事前支払い)
https://bacchus-sci-fi-vol1.peatix.com/

ご予約(Googleフォームによる予約*当日清算)
https://forms.gle/7rLy5BoFqWnSCr9t6

メールでのご予約はこちらから(*当日清算)
info@bacchus-tokyo.com

参加作品(順不同)
「A.I.generator」(12分)監督:渡部彩子
「BLUE」(23分)監督:若松宏樹
「宮田バスターズ(株)」(20分) 監督:坂田敦哉
「波乱万丈」(11分30秒)監督:名倉健郎
「N.O.A.」(15分)監督:下向拓生
「交差点(インターセクション)」(6分)監督:松本純弥・下向拓生

Introduction

かの傑作SFアンソロジー「ミステリー・ゾーン」(The Twilight Zone)は、1950年代のマッカーシズムに端を発する度を過ぎた検閲を逃れるために作られました。
人種差別や核の恐怖、そして衆愚。
のっぴきならない社会問題に切り込んでいくために、ロッド・サーリングやリチャード・マシスン、チャールズ・ボーモントといった作家たちは、SFやファンタジーの力を借りて、彼らなりのクリエイティブワークを進めていったのです。
そう、ハルカカナタの世界にあるSFもあれば、現実の世界にあてがうモノサシとしてのSFもある。
21世紀になって、人間が思い描いていた未来と現実とのズレが大きくなり、人と人との分断が広がっていく。その隙間を埋めようとして、手を出さなくていい領域に科学が飲み込まれ、テクノロジーが「いびつさ」を拡大していく。そんな今の時代にこそ、SFが持つ「センス・オブ・ワンダー」の力=人の想像力/創造力 の復活が求められている、と思えてなりません。
バッカスの「Sci-Fi作品特集」は、在野のクリエイターの短編作品に光を当て、新たな創作活動を促すと同時に、「センス・オブ・ワンダー」復権へのささやかなる一歩を希求して企画いたしました。
己の手が届く範囲が世界のすべてではありません。
皆が共感できるような世界のその先に、「センス・オブ・ワンダー」の光線が当てられる時、停滞した産業としての日本の映画たちがブレイクスルーする光景が展開していくとソウゾウしています。
願わくば、良きクリエイター、良きオーディエンスが集い、一滴の水が流れとなって、長く長く大海へと続くムーヴメントとなっていきますよう。

高円寺シアターバッカス
代表 丸山大悟

タイムテーブル

12月6日(金)MC:タカ
20:00〜
「宮田バスターズ(株)」(20分) 監督:坂田敦哉
「N.O.A.」(15分)監督:下向拓生
「交差点(インターセクション)」(6分)監督:松本純弥・下向拓生
「波乱万丈」(11分30秒)監督:名倉健郎
「A.I.generator」(12分)監督:渡部彩子
「BLUE」(23分)監督:若松宏樹
トークセッション

12月7日(土)MC:タカ
13:30〜
「N.O.A.」(15分)監督:下向拓生
「交差点(インターセクション)」(6分)監督:松本純弥・下向拓生
「A.I.generator」(12分)監督:渡部彩子
「BLUE」(23分)監督:若松宏樹
トークセッション①
「波乱万丈」(11分30秒)監督:名倉健郎
「宮田バスターズ(株)」(20分) 監督:坂田敦哉
トークセッション②

12月7日(土)MC:タカ
17:00〜
「N.O.A.」(15分)監督:下向拓生
「交差点(インターセクション)」(6分)監督:松本純弥・下向拓生
「A.I.generator」(12分)監督:渡部彩子
「BLUE」(23分)監督:若松宏樹
トークセッション①
「波乱万丈」(11分30秒)監督:名倉健郎
「宮田バスターズ(株)」(20分) 監督:坂田敦哉
トークセッション②

12月8日(日)MC:丸山大悟
13:30〜
「N.O.A.」(15分)監督:下向拓生
「交差点(インターセクション)」(6分)監督:松本純弥・下向拓生
「波乱万丈」(11分30秒)監督:名倉健郎
「宮田バスターズ(株)」(20分) 監督:坂田敦哉
インターミッション
「A.I.generator」(12分)監督:渡部彩子
「BLUE」(23分)監督:若松宏樹
トークセッション

12月8日(日)MC:丸山大悟
17:00〜
「N.O.A.」(15分)監督:下向拓生
「交差点(インターセクション)」(6分)監督:松本純弥・下向拓生
「波乱万丈」(11分30秒)監督:名倉健郎
「宮田バスターズ(株)」(20分) 監督:坂田敦哉
インターミッション
「A.I.generator」(12分)監督:渡部彩子
「BLUE」(23分)監督:若松宏樹
トークセッション

Latest Posts

日韓友好に先駆!チーム「ダイジナモノ」の2Days!

シアターバッカスで昨年開催された「オイド映画祭東京」で、最優秀作品賞(長編部門)を受賞した映画「ダイジナモノ」以降、このささやかな大人のおとぎ話「ダイジナモノ」を皆さまにお届けするべく、シアターバッカスで毎月上映会・舞台挨拶を展開してまいりました。その地道な活動の掉尾を飾るように、去る12月2日、‪韓国・時事連合新聞社主催「グローバル社会貢献大賞授賞式」にて、映画「ダイジモノ」の徳花美紀(総合プロデューサー/出演)が「社会貢献賞」を受賞いたしました。また、真野直樹(チーフプロデューサー/出演)、大吉裕翔(出演)もあわせて顕彰していただきました。日本と韓国の本来あるべき友誼の姿を、皆さまを代表して形にすることができました。現在、映画「ダイジナモノ」は、待望の英語字幕版が完成し、世界中の映画館、世界の映画祭などに挑む準備へ邁進しております。「ダイジノモノ」が、小さな島国の軛を振り払って、世界中の方々に届けていくことができるよう、今後とも頑張ってまいります。高円寺シアターバッカスでは、本年一年の皆様からのご支援ご愛顧に感謝して、チーム「ダイジナモノ」2Daysを開催いたします。12月15日(日)は、映画「ダイジナモノ」ありがとう無料上映会!13:00〜、15:00〜各回の上映終了後、出演者からの舞台挨拶を行います。授賞式の様子や今後の展望など、貴重なトークに期待です。(「日本語版」を上映いたします)また、12月14日(土)はチーム「ダイジナモノ」メンバーのプロデュースによるライブイベント「DRM vol.7」(「ダイジナモノ」(日本語版)上映もあります)を開催します。世界に雄飛するチーム「ダイジナモノ」のメンバーと直に触れ合える2日間、どうぞ足をお運びください。 「グローバル社会貢献大賞授賞式」

闇鍋ヒューマニズム映画祭

【イントロドゥース】 人間はみなメンヘラのサナギです。そんな人間そのものが本能的に自我を爆ぜりきった状態で、おのれの世界観を吐瀉ゲロしてくださったものの記録たちが僕の定義するドキュメンタリーです。今回はメンヘラをテーマにしたすこぶる生々しいデビュー作「天秤リストカット」を2年ぶりに上映します。同時上映では佐藤健人監督の珠玉の過激短編ドキュメンタリーや8ミリ作品を多数上映予定です。また上映後は、天秤リストカット主演の生メンヘラによるヴァイオリン演奏とトーク付きです。ドキュメンタリーの被写体と直接お話が出来る貴重なイベントなので是非対話しに来てください。イベント終了後にささやかではありますが、プチ懇親会&忘年会をやろうと思います。上映と併せてよろしくお願いします。 2019年12月29日(日曜日) 18時30分会場...

SFに浸る—Bacchus Sci-Fi作品特集

2019年12月6日(金)〜8日(日) 参加料金:¥1,800-(ワンドリンク付き)

新鋭・石井達也監督上映会!

2019年11月25日(月)〜27日(水) 【石井達也監督上映会】

RMS(リアルメーカーズ)短編映画祭!

今回、僕の繋がりのある若手からベテランの監督さんにお声掛けをしました。準備に時間がかかってしまいましたが、映画祭での受賞作や新作も集めました。映画関係者や、役者、一般の方々に、インディーズ映画ってこんな面白いんだと知ってもらいたい。故・村山さんが映画を愛していたように、繋がりが深まることを願っています。(アライ ジン) 2019年11月23日(土)24日(日)